2012年04月19日

鉄道の運転の仕組みとルール


ちょっとマニアック(?)なギョーカイ本の紹介をば。

鉄道の運転の仕組みとルール by 塩澤寛

ギョーカイでいうところの運転業務というのは電車の運転だけでなく、それらの関連業務、合図出したり、ポイント操作したり、信号出したり、そーゆーのも全てひっくるめて運転業務、それに携わる人を運転系統の職員なんて言ったりするんですけど、その運転系統の人にとってはホントに必携の本だと思う。

内容がね、ホントに基礎的かつ広範囲にわたっているのだ。タイトル通り、鉄道の運転で安全を保つ仕組みについて、基礎の基礎から最新の国土交通省令の考え方までカバーされてるんですわ。かなりの良書。

なぜかそんな話は聞かないけど、うまく使えば乗務員養成用テキストになりそーなぐらい。実は日本鉄道運転協会という業界団体があるんですけど、そこが主催してる研修のテキストになってたりする。

日本鉄道株式会社というマイナー専門の出版社だからか一般の流通網には載らないみたいだけど、僕は出版社に直接連絡とってゲットしました。多少、値が張るけどおよそ3000円+送料で、内容からすると全然安いです。

こんだけ良書なのに、なぜかネットで検索しても全くヒットしないんだよなー。専門書だから絶版とかないと思うんだけど、絶版になったらかなり困るんだよなー。そんなこと思いながら今日の日記を書いてみました。
posted by chanco at 12:39| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。