2012年09月25日

ローンで知る格差社会


人は変われば変わるもんで、関西で生まれ育ち今はそこを飛び出て日本の片田舎で働き暮らしおりまして土地に対する愛着なぞないのが僕でそれが土地に対する愛着の強い田舎社会において異彩を放っていたみたいなんですが、そんな僕が家を探しています。我ながらごっつびっくり。

んでま、ある程度目星をつけて今度は住宅ローンについて調べてるんですけど、ここでもオドロキ。いやほら、インターネット社会じゃない?ネットバンキングとかあるじゃない?

ネット銀行のローン金利が安いってのは知ってたけど、改めて地方銀行のと金利比較したらあからさまに1%以上違うわけ。消費税が何%上がるとかそんな話じゃないぜよ。最初から違うっての。

当然ネット銀行のローンに申し込むんですけど、ここで知った格差社会。ローン組むのに所得条件があんの。年収400万円以上とか。

当然、これじゃ地方民は借りることができない。

ですごすごと地方銀行の窓口に行くと、地方民の収入状況をよく御存じですから、むしろよーお越しとばかりに丁重にもてなしてくれてぜひ借りてくださいってなもん。

つまるところ、高収入者は安くお金を借りることができて低収入者は高くお金を借りるという状況。貸し手からすると取りっぱぐれがなくなりますから当然と言えば当然ですけど、こんな形の格差社会もあるんだなーということで勉強になりました。また1つオトナになった。
posted by chanco at 10:30| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

献血の依頼が来ました


例によって個人情報満載の内容。

コレのつづき?
http://chanco.seesaa.net/article/101139966.html


稀な血液型登録をしてすっかり忘れていたのですが、ある日突然、携帯に連絡がありました。とってみると赤十字。手術の都合で血液が大量に必要な患者がいるので血を分けてほしいと。

なんかよく分からないけどテンション上がって(!)献血してきました。


・・・いたって普通。

いや、ほら、なんかエライ人が玄関まで迎えに来て、よくお越しくださいました、へへー的な何かがあるのかなーと期待してたんですが、普通の献血でした。そりゃそうか。まぁ、あげた血が誰かの役に立てばいいよね。

それに血を抜かれることによって、普段はあまり働いてない(?)造血細胞やらなんやらが一心不乱に働いてよいのではないかなと勝手に思ってたりするんだなー。定期的に動かさないとポンコツがガラクタになるみたいな。非科学的極まりない。


にしても、献血ってmlあたり○円とかで売れないもんかしらね。
posted by chanco at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

議事録マジック


このところよく感じるのが会議の議事録の回覧が遅いこと。

僕のいる会社の場合、なるべく情報の水平展開をよくしようということで部署によって多少の違いはありますが、会議の議事録を僕のような一般社員も回覧してもらえることになっています。少なくとも僕の経験した乗務員職場と司令はそうなっています。

で、会議の議事録というのは当然のことながら主催者が作成するわけですけど、どうもその昔僕が事務方で会議の議事録を作成してた頃に比べると、議事録が回ってくるのが遅い。現場にいったからかな?小さな会社なのに情報伝達がスムーズでないなと感じておったわけです。

こないだ本社に行く用事があって例によって四方山話になって事情を知ってびっくり!

会議の議事録が遅いのは各部署からの参加者である管理職のじぃさん連中のチェックが入るからであるらしい。なぜか発言が削除されたり追加されたり・・・若手の出席者からすると片腹痛いらしいけど、じぃさん連中は大まじめ。文書として残さなきゃ言ってないってことになるみたい。


これってある種の言論統制ではあるまいか?ひゃー。
posted by chanco at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

これが監視業務ってやつか


異動して3ヵ月以上経って司令所にも慣れてきました。そして慣れてくるといろいろ考えるのが人間でありまして、このところ痛切に感じるのが、自分の時間=お給金。


いや、以前も書きましたが、司令というところはイレギュラーが起こらない限り、出番がない。そういう部署なんです。例えば乗務員だったら今日はこの電車とあの電車に乗れば仕事終わり!なんてのがある訳ですが、司令にはそーゆーのはない。ただ受け持ちの時間が過ぎるのを待つのみ。こまごまとした作業はあるんですが、基本的にはそんな日々。

これ、キツイっすわ。


乗務員の監督職のときにもふとそんな気持ちになるときはありましたが、あんときは現場へ指導に出たり、乗務員の点呼をとったり、あるいは誰かがやらかしてその後始末というか教育したりとか、そこそこやることがあったんで感じることはなかったんですけど、今は悠久の時の流れを感じまくり。

マジ、キツイっすわ。向いてない。


ハツカネズミのようにちょこまか動いていたい、典型的な働き蜂の日本人なんですわ。じっと待機してんの、耐えられない。あかんよ、これ。


労働ってのは自分の時間と金銭の等価交換ってのをつくづく思い知る仕事です。苦痛だわ。


いちお、業界的な補足を入れとくと、同じ司令でも大手さんのは激務。なんとならば、お客さんが多い。さらには司令の管轄区域が広く、列車本数が多く、毎日どっかで何かが起こってる状態。それを正常ダイヤに復帰させるのに苦心惨憺であります。しかも少数。余談のさらに余談ですが、そんなトコに精鋭でない人=とっさに頭が回転しない人が配属されると当人ばかりか周囲もそのフォローで大変らしいよ。
posted by chanco at 06:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。