2013年01月30日

【本】大停電を回避せよ!


たまには読んだ本の感想なぞ。

「大停電を回避せよ!電力マンたちの暑すぎる夏」夏目幸明

電力会社について書かれた本です。ノンフィクション。

実は僕が勤めている鉄道会社と同じインフラ事業者(と言っていいのかしら?)たる電力会社って共通項が多いんだろうなと薄々思ってまして、その割には鉄道はマスコミで取り上げられたりファンが多かったりでフィーチャーされていますが(?)、電力会社はあまりそんなことはなく。だもんで元からあちらのお仕事には興味津津ではありました。

とはいえ、残念ながらこの本は電力会社の仕事の内幕を描くという内容ではありません。奥付をみると2012年7月16日第1版発行です。つまり、あの震災以後。普段の仕事っぷりではなく、あの異常時の電力会社を書いたという本です。と言っても変に偏った書き方はされてません。やるな筆者。

読んでみて思ったのがやっぱりおんなじなんだなぁということ。一部にヘンな社員がいるという例外はあるんだけど、社員全体としてみると早く電力網を復旧させたいとか停電はさせたくない、そう思って働いてる、それぐらい職業意識の高い人たちの集まりだったんだなぁってこと。鉄道会社と一緒よね。これは日本人の特性なのかもね。

あとはこういうのがTVで取り上げられないのは、やっぱり残念だよね。電気代値上げヒドイ!とか太陽光発電万歳!みたいな報道ばかりで電力会社の事情とその裏にある日本ならではの事情みたいなのが掘り下げて報道されないってのはねぇ?NHKあたりに期待するしかないのか。

そして大切な一節がありました→日常的な感覚ではムダに見えるけど信念を貫いて対策しなければならない。それが安全ということだ云々。

なんというか胸に突き刺さる一節でした。はたして自分はどうだろうか?等々

とりあえず、他に類例がないので良書。
posted by chanco at 08:52| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

新年早々ご立腹


少し遅めの正月休みを満喫しております。

というのもなぜか例によって例のごとく(?)年末から年始にかけての連続勤務。司令所でも下っ端だから仕方ないのか?


個人的に仕方ないでは済まされないのが大ベテランの仕打ち。

大手鉄道会社を退職して来ていて、生活基盤というか本拠地が大手鉄道会社のある大都会。だもんでいざ、取らん正月休み!とばかりに交代制勤務にお構いなしに長めの休みを取りまして…。

そこまではよしとしても、大都会の行き帰りの交通手段がなぜか航空機。いや、確かに鉄道不便ですよ。社員が言うのはいかがなものかって話ですけど。せめて車使えよ。いや、確かに車も不便ですけど。高速アレだし。

なぜ帰省の交通手段に拘るかというと大ベテランからの一本の電話。航空機の座席がとれないから帰れないと…。

え?どういうこと?

大ベテランですので航空券は空席があれば運賃半額というプランがあるらしい。でもってそれで帰省しようとしたらなかなか空きがなくて取れない。ってことらしい。でもって代わりに出勤してって。

いや、待てと。なんでそんな不安定なもんで帰省してんだテメー。つうかムリだったら他の交通手段使うっしょ、フツー。

鉄道だと立ちっぱなしになってキツイ。高速バスはよーわからん。助けると思ってお願い、だと。


結局、ひとしきり電話のあちらとこちらで騒いだんですけどお金出るから(休日出勤!)いいやと了承。したものの、なんか納得いかない。大ベテランからはお土産をはずんでもらいましたけど、やっぱりなんか納得いかない気持ちがどこかに…。

大ベテランで司令所のボスの先輩格だからって甘えてんじゃないの?どうせ年金もらえるんだからそんなテキトーな仕事っぷりならさっさとやめちまえばいいのに。

とブログに書いて発散をココロミルのである。

posted by chanco at 10:17| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。