2014年06月30日

【本】パナマ運河奪還

例によって読んだ本の感想でも。

「パナマ運河奪還」 水木

日本の作品にしては珍しく(?)スケールの大きな話。

テロリストがパナマ運河航行中の豪華客船を乗っ取ってあれやこれやして、テロリストと警察や船内の人質の戦いを描くというストーリー。

テロ事案が発生した場合の警察の動きなんて全く分からないんですけど、リアルぅ〜と思わせる内容です。調べてみると著者は日経新聞上がりの人なんでだからかーと合点。

難点をあげるとするとリアルさゆえに登場人物多彩。場面もちょこちょこ切り替わるのでぼーっと読んでると誰?コレ?何の役割してた人?という状態に。前に登場した箇所を読み返そうにもボリュームが多いんで探し当てるのにも一苦労。メモ取るなりきっちり向き合わないといけません。

あとは終わりが尻切れトンボというか最後の人質のエピソードいる?ってかんじ。テロリスト側にさほどメリットないんじゃないの?

テロリストの女性陣の行動が妙に情緒的というか感情的だし、テロリストたるもの・・・みたいな気分になります。

そこら辺りをうまく整理できてたらハードボイルド大賞(あるの?)かなんかもらえたんじゃない?ぐらいの作品です。
posted by chanco at 12:18| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

タブレット買いました


どうにかこうにかボーナスが出たことなので遅まきながらタブレットを購入しました。といってもスマホすら使いこなしてると言い難いんでipadではなかく、asus memopadなる安いもの。まずはこれでITに慣れてみようかと。


そして実際に使ってみて分かったのですが、思ってた以上に使い道が分かんねぇ。


いやね、電子書籍でも読もうかしらと思ってたんですけど、楽天やらamazonやら色んなメーカー(?)のがあってどれ買えばいいのかな?ってんで迷いに迷っっちゃて、しかも、某電機屋で騒ぎになってたようにどこの業者も配信元が電子書籍のサービスやめたら読めなくなる仕様みたいでますます二の足を踏んじゃいます。紙の本に比べてさほど安くないし。

人生が有限である以上、世の中にはそんなに何度も読み返す価値のある本が有るわけではないってのは重々承知ですが、お金も有限ですから手が伸びない。


結局、読み捨ててもいいように(?)マンガ読むのに使ってます。あとはぶらっとネットサーフィンするぐらい。

要は暇つぶしである。・・・所詮、そんなもんです。

posted by chanco at 06:11| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

写真データの処理ってどうしてるの?


昔からの疑問なんですけど、みなさん会社で撮影した写真データってどうしてるんでしょ?

いやね、僕のいる会社も鉄道会社の端くれではりますから、イベントやります。貸し切り列車からナントカ式典まで。そんときに当然、写真なり動画なり撮影する。後日撮影した画像データを社内ネットワークで共有する。

あとは各人で勝手に見ればいいんですけど、乗務員とか駅員とか保線とか検修とかPCの割り当てがなかったりして社内ネットワークにアクセスできない立場の人もいる。そーゆー人のために写真データを印刷して紙を回覧させてるんです。このご時世ですからイチイチ写真屋さんで現像するなんてことはなく、excelとかに貼り付けてA4に複数枚の写真を印刷して見せるとかやってるんですけど、これが面倒なのよね。

そもそも最近のデジカメが画像が良くなりすぎて写真一枚で数メガの容量。その複数枚を一つのファイルにまとめる時点でサイズが数十メガ。近年はPCが高性能になったってもファイルを開くだけで時間がかかって仕方ない。PCやサーバー内の容量を圧迫して仕方ない。

ヨソさまはどうやってるんでしょうか?とにっこ笑顔のおっさんだらけの鮮明な写真を見ながら今日も思うのであります。
posted by chanco at 08:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

天気に振り回される日々


さすがにこのところの大雨は通常の梅雨の長雨とは違って、どちらかというとゲリラ豪雨みたいな異常気象だろーってことで会社内で防災会議が連日繰り広げられてます。

とはいえ、お天道様のなさることゆえ、できることはさほどなく。会議を重ねても予防保全の考え方で備えましょうという結論しかでないのですが、皆会議をやりたがる。不思議でなりません。

責任逃れというか責められたくないんでしょうねとクールに眺めていると、長々と議論が続くのは気象予報。

前線があるからまだまだ雨が続く、低気圧が居座ってるからこれから荒れる等々、プロの予報屋ですら外すことをなんでそんなにもっともらしく言うんだい?これまた不思議でなりません。

もっと言うと気象予報を生業にしている民間の会社がありまして、実はそことコンサルティング契約を結んでいます。天気図とか雪とか風とか雨の予報を貰ってまして、それでいーじゃんって話なんですけど、それを見て各人の思い入れ(としか思えない)を語っています。

ホント、どうにかならんもんか?と残業続きの日々で会議に参加する若輩者は思うのであります。
posted by chanco at 06:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

【本】年金詐欺


たまには本の感想を。「年金詐欺」 永森 秀和

2012年に世を騒がせたAIJ事件について、最初に疑問を呈した雑誌社の編集長が書いた本。ノンフィクションです。

一方的にAIJを糾弾するようなことはなく、バランスが取れた書き方になってます。その意味では読みやすいんですけど、いかんせん時系列があっちいったりこっちいったりするんで読みづらい。テーマ自体も厚生年金という複雑怪奇な代物でとっつきにくいんだからもうちょっとどうにかならんかったのかしら?と思わないでもない。

と苦言を呈しましたが、面白いです。時系列をごちゃごちゃにしたのが筆者の混乱というか疑問を表して手かえって面白みを醸し出してるようでとっつきにくいテーマでも最後まで興味を持って読めました。


読んだ中での理解をまとめると、AIJ事件ってのは実は元よりイビツなシステムだった厚生年金基金というシステムが不景気になってそれが露呈して皆が右顧左眄してたときに、ウチに任せればどうにかしまっせーとばかりにお金を集めたのがAIJ証券であり、その社長の浅川某。

悪いのはAIJ証券だけでなくて、イビツなシステムを放置してきた官僚であり、お金を預けた側であり、そもそも年金自体に現実感がない(もらえるのは定年後だもんね)とも言いたいように読めるんですけど、そーゆーことを言い出すとキリがないというかどうしようもないよねとも思う。一番に責められるべきは誇大広告でダマしたAIJ証券ですよねー。

で、この社長さんが裁判で負けて刑務所に収監されるまでの間に行ったらしきインタビューがあるのですけど、ご本人に他人様をダマして集めた数千億円をなくしたのに反省の色がない様子。俺は刑務所入るからいいけど部下の再就職先どうしようなんて心配してたみたいですから。まともな神経してたらダマされた側を慮るべきしょう。これは、、、、サイコパスってやつだな。

社長さんがマトモだったころは敏腕営業マンだったらしいけど、天才と犯罪者ってのは紙一重なんだなーと感心しきり。


あと別な意味で面白かったのが臆病なまでに命の危険を感じていたこと。AIJ証券が危ないと記事に書いて以降は部下にホームは真ん中を歩けと言ったり、端から見ると映画見過ぎちゃいまっか?という感じなんですけど、年金って人死にが出るくらいに闇が深いんですかね?
posted by chanco at 09:27| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

業界人必見の動画


いつかこういうことが起こるんだろうなと誰もが考えていたことが遂に。

運転室のすぐ後ろでカメラ回してるお客さんってほんとによく見ます。以前はたまーに大都会に出たときだけで都会にはスキモノがおるのぅと思ってましたが、最近ではちょっと長めの休みに入ると地方の極小路線でも。

ビデオ機材が廉価で高性能になったとか鉄道趣味が一般化したとか極小路線だからいつ廃線になるか分からないとかいろんな理由があるんでしょうけど、被写体ではないんだろうけど、映るかもしれない側は気になります。

それはともかく、そんなご時世ですから今日もいたよ〜あれで撮影してるときに人身事故があったらどうすんだろねなんて中の人の間ではちょこちょこ話題になったりもしたのですが、ついにyoutubeにアップされました。

京浜急行さんで横浜駅にて男性が飛び込みする動画。血飛沫とかはないのですけど、前面ガラスにヒビ。最近の動画だけあって画質がなかなかにクリアーでした。

正直な感想を言うと、これからこういった場面に遭遇する可能性のある新人に心構えさせるにはよい動画。あってはならないことだけど、現実にある以上、それに対応する訓練って必ず必要ですから。


それにしても恐らく、運転士目線で人身事故に遭遇する動画ってこれが初めてではないだろうか。

ちなみに動画が気になる方はグーグル先生に聞いてみてください。
posted by chanco at 12:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。