2013年02月12日

廃線→復活!?


空振りの大雪警報に振り回されたその裏で(?)業界的ビッグニュース!

JR可部線の電化延伸について
http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/02/page_3211.html

公式では分かりづらいので日経新聞のサイト見るよろし。

JR西が廃止区間を復活 広島の可部線、全国初

2013/2/4 18:00
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0402Q_U3A200C1000000/?dg=1

見出しにあるとおり。なんと国鉄→JRに移行して数多の地方路線が廃線にされましたが、初めての偉業(?)ですよ、これ。三セク作らせてそこに運営任せるってのはよくある手段ですけども一旦廃線になったところを復活させる。

この少子高齢化、車社会万歳のご時世によくやるなーJR西日本。日経サイトによると

>総事業費は約27億円で、広島市と国が負担。JR西は駅や線路用地などを市から無償で借り受け、軌道など電車の運行に必要な設備の維持や管理の費用を負担する。

とあるけど、電化しちゃったら車両運用はしやすいのかもしんないけど、メンテコストがかかってくるもんねー。土地勘もないし知り合いもいないので全く分からないのですが、地方民として類推するに公的機関が近くにあろうとも採算合うか合わないか微妙なトコロだと思います。

そういうのも含めて英断よねーと。

けして鉄道に思い入れのあるわけではないのですが(お客さんがいない路線は線路にアスファルト敷いてバス専用道路でまかなえばいーじゃんと思ってるぐらい)、今回のこのニュースはかなり気になるところ。ある種の社会実験という気がして復活開業後どーなるかに興味しんしんであります。


あと、我らがお上は事故防止のために新しい踏切って基本的に作らせない方針だったみたい(ご推奨は立体交差化。誰が建設費出すかで揉めるし、コストがかかる一因でもある)ですけど、今回はいくつかあんのね。将来的に立体交差させるって箇所もあるみたいだけど。この辺はどうクリアしたんでしょうか?ってところも気になるところ。

posted by chanco at 11:29| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック