2013年07月23日

風立ちぬ


久しぶりの投稿ですが、なぜか映画の感想。これでいいのだ。

風立ちぬ。

言わずと知れた(?)話題作。今の仕事の唯一の利点とも言える、平日に休めるというのを最大限に利用して公開されたばかりの映画を堂々と観てきました。

で、感想は…

地味。地味って言うとアレですけど、穏やかと言えばいいのかな。もちろん、冒険活劇を期待してたわけじゃないけど、うーん。若かりし頃に小説の風立ちぬ読んでぴんと来ねえ話だなぁ、なんでこれが名作と言われてんだろと思ったのを思い出しました。物語大好き人間なんで、こーゆージャンルの話は好きじゃないんだなーと改めて自己認識。オドロキみたいなもんがないのよねー。主人公が最初に見る夢みたいな世界観の物語だったら満足したと思う。

あと、物語大好き人間なんで映画見るときに余り気にならない派だったんですけど、こーゆー物語性が薄い映画だと気になりますね。主人公の声優。監督やってる人らしいけど声優としては素人でしょ?素朴というか大人になりきれてないというかそういう声質、話しぶりが場面によってはマッチしてるんですけど、基本は棒読みなの。えぇーってヒいちゃうの。物語に入り込めないの。なんだかなぁ。

あとは飛行機とか路面電車とか汽車とか乗り物描写がてんこもりで、ハヤオ節というか、ザ・ハヤオミヤザキってかんじ。

つまりは宮崎駿による宮崎駿のための映画なのかもね。
posted by chanco at 21:07| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック