2014年04月26日

掃除係の本領発揮


ちょろっと書いたけど今年はお掃除係。というわけであちらこちらのお片付けに邁進するのであります。

僕の居る司令という部署は司令と言っても鉄道現業、現場仕事ですのでいろんな帳票があるわけでして、それぞれの帳票ごとにに保存期間が決められています。

で、保存期間が終わった帳票はどうするの?破棄するの?持って帰るの?

鉄道に限らずのよその会社さんはどうしてんだろ?って割と本気で気になってるんですけど、僕の会社ではどうもどこの部署もあまり破棄したがらない。段ボールに詰めて倉庫の奥深くに封印。その繰り返し。

こんなんでよくもまあ社屋が手狭だなんて言えるもんだぜと不思議になるくらい、保存期間切れの書類で一杯。

なんなんでしょ?だったら保存期間延ばせばいいんじゃないの?って思うんですけど、それはまた違うらしい。

で、納得いかない僕はやっちゃいます。倉庫に眠る保存期間が切れた書類どもをポイポイ捨てちゃいます。ワインんじゃないんだから熟成させてもなんもいいこともんね。カビや虫が喜ぶぐらいだぜ。

中身をちろっと見てみたら、十年以上昔の雨量計やら風速計やらの紙データなんざ誰が顧みる?さすがにそんな暇人はいないぜとか、あらあらこの時代はお上からの通達も手書きだったんだねーとか、のちのち資料的な価値が出てくるのかもしれぬとか、マニアからすると宝の山っ!?とかいろいろ感慨深いものがこみ上げてきたりもします。でも、やっぱりポイ。


そんなこんなで大掃除。だって片付けられない女はダメとかよく言うじゃない?僕は男だけど。

posted by chanco at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック