2014年06月18日

写真データの処理ってどうしてるの?


昔からの疑問なんですけど、みなさん会社で撮影した写真データってどうしてるんでしょ?

いやね、僕のいる会社も鉄道会社の端くれではりますから、イベントやります。貸し切り列車からナントカ式典まで。そんときに当然、写真なり動画なり撮影する。後日撮影した画像データを社内ネットワークで共有する。

あとは各人で勝手に見ればいいんですけど、乗務員とか駅員とか保線とか検修とかPCの割り当てがなかったりして社内ネットワークにアクセスできない立場の人もいる。そーゆー人のために写真データを印刷して紙を回覧させてるんです。このご時世ですからイチイチ写真屋さんで現像するなんてことはなく、excelとかに貼り付けてA4に複数枚の写真を印刷して見せるとかやってるんですけど、これが面倒なのよね。

そもそも最近のデジカメが画像が良くなりすぎて写真一枚で数メガの容量。その複数枚を一つのファイルにまとめる時点でサイズが数十メガ。近年はPCが高性能になったってもファイルを開くだけで時間がかかって仕方ない。PCやサーバー内の容量を圧迫して仕方ない。

ヨソさまはどうやってるんでしょうか?とにっこ笑顔のおっさんだらけの鮮明な写真を見ながら今日も思うのであります。
posted by chanco at 08:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック