2016年10月20日

南海電鉄のアナウンス


そろそろ鉄道の話題でも。先日ちょこちょこと話題になっている、南海電鉄の車掌のアナウンス。
→ http://www.nankai.co.jp/library/traffic/info/pdf/owabi_20161011.pdf

車掌の不適切な案内放送(海外からのお客さまに多数ご乗車いただいており、日本人のお 客さまに対して、ご不便をお掛けしている旨の内容)

ここら辺(→http://2chcopipe.com/archives/52039874.html)によると、次のような状況らしい。
 ・外国人のお客さんが急行列車の始発となるなんば駅で大挙して乗車
 ・急行列車は荷物置き場がない、ロングシートの座席配置。
 ・外国人のお客さんの手荷物が多い等の理由により以降の途中駅での乗降が困難
 ・なんば駅では荷物置き場はあるけど、別料金が必要な特急列車が待機している


会社が公式に謝罪文を出したってことは実際にこういう状況があってああいうアナウンスが行われたんでしょうが、いくつか気になったことがあったりします。

まずはなんでこのアナウンスなの?ってこと。外国人のお客さんがが多いからってそれは会社が悪いわけではないでしょうに(旅行会社と提携してツアー組んでるとか積極的に誘致してるならともかく、そうではないんでしょ?)、どうして車掌が日本人のお客さんに対して謝るようなニュアンスの放送すんの?キジも鳴かずば打たれまいと言いますが、明らかに不要なアナウンス。ここはお叱りを受けても仕方ない部分かな。

ちなみに必要だったのは外国人に対するマナー啓発のアナウンス。でかい荷物は邪魔にならないようにせよ!とかね。経験上、放送しても外国人のマナー向上効果は薄いでしょうが、日本人に対しては会社として電車内の秩序維持に努めてますよというアピールにはなります。


次に外国人客が乗って車内が混雑している状態が慢性化してる(車掌がアナウンスするってのは慢性化してる証拠。一過性のものならアナウンスはしない)ってのをどこまで知ってたかってこと。駅とか車掌とか運輸系の現場部門の一部で話題にはなってたけど、本社というか事務部門は知らなかったんじゃないかな?南海電鉄となると大手私鉄ですから、母体が大きいと現場部門と事務部門の乖離が発生するもんで、この辺は仕方ないところもあったんじゃなかろうか。

もし事務部門が知ってて真面目に対策とってたら、なんば駅で外国語を話せるサービス要員を配置するに始まり、荷物置き場のある車両を急行列車にするとか、旅行会社とタイアップして特急列車に外国人のお客さんを誘導するとか、思い切って混雑時間帯は特急料金を廃止するとか、会社として色んな対応ができたかと。


一番の問題は、今走ってる電車が混雑してるかどうかってのを鉄道会社が定量的に知る術がないってことかな。全席指定席の電車ならともかく、普通の電車じゃ混雑率とか乗車率とかいう指標がありますけど、目視だもんね。このあたり、最新の電車では客室の重量を測定して混雑度合いが分かったりするけど、そのデータを営業用途で使用してるという話は聞いたことがないんだよね。僕が知らないだけで大手さんではデータ分析してるのかも知れませんが。都会を走ってる電車の場合、混雑時にはデータという定量的な数値が不要なぐらい混雑してるとも言えるけど、鉄道というものを商売と考えるとお客さんの数をリアルタイムで知る必要があるんじゃなかろうか。

posted by chanco at 06:56| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442841333

この記事へのトラックバック