2016年11月16日

【映画】この世界の片隅に


普段はアニメ映画は見ないのですが、毒食わば皿までみたいな勢いで観てまいりました。この世界の片隅に。今年のNo.1映画とかいうキャッチコピーにやられたというのもある。君の名は。とか聲の形を差し置いて、何事か?ってなもんであります。


一言で感想を言うなら、地味。まー地味。日々の生活、例えば戦時中の食料乏しいなかでの料理などを丹念に几帳面に描いてます。物語としての大きな動きはありません。ブンガクで言うところの私小説みたいな内容で好きなジャンルではありません。


ところが、細々とした出来事を描き連ねることで最終的にある種の感動を呼び起こすのね。これにびっくり。感動ってのは分かりやすい物語から生じるもんだと思ってたけど、そうではなかった。物語性に乏しいところからであっても瑣末事を積み重ねて作るリアリティーから感動が発生しうるんだというのが本当に衝撃であり、この映画に感じ入ったところであります。


さすがにNo.1というだけあると思ったのが、NHKの朝ドラあたりでよくある、戦時中なのに反戦的言動をとる登場人物という非現実的な設定がなかったところ。常々、納得いかないね、嘘くさいにも程があるよね、誰が満足すんだと思っておったところ。戦時中の生活をただただ丹念に描くという趣旨からすれば当然なのですが、リアリティが重視されてて大変よろしかったです。


気になったところとしては、物語。元々、乏しいんですけど、原作からかなり端折ったんじゃないかな?遊女らしき人物のところで話が広がるかと思ったら、それっきり。でも後で割と親し気な感じで名前が出てくるところとか(最後の落書き?絵コンテというのかな?から推理するにやり取りがあったのでは?)、水兵が突然家に来るとか(何で住所分かんの?)どうにも細かいところで物語の整合性がうまく取れてないようなかんじ。


あ、でも水兵が家に来て話をするシーンは好きです。キツイこと言ってんなと思わせて家の鍵をかけるところが、己の葛藤を抑えつつ早晩死ぬであろう人に対する思いやりを感じられる名シーン。感覚が平和な現代とは全く異なることを表しています。とはいえ後で怒られるところでちゃんとバランス取ってるなー、行動に不自然さがなくてうまいなーと思いました。


あと、人物の描き分け。戦時中でリアリティを出すと服装が似たりよったりになるのは仕方ないのでしょうが、後半、この人誰だっけ?って人物が続出したのは僕がぼーっと観てたからでしょうか?


この辺りに抜かりなければ今年のNo.1のキャッチコピーは嘘じゃない!と胸張って言えるだろうなーと思いました。
posted by chanco at 14:12| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック