2010年07月22日

ヒューズ抜き取り


JR西日本で列車無線の非常電源のヒューズがなくなってるなんて不思議な事件が発生してましたが、犯人は車掌さんだったとか。

例によって日勤教育やら硬直した上下関係が背景に…なんて見方もあるかもしれませんが、素直に申しましてJR西日本が可哀相。

なんとならば、どんな事情があれ殺人ってのは許容されませんから。今回のヒューズ抜き取り=いざというときの設備の破壊=被害の甚大化ってのはそれぐらいに相当するもんです。安楽死だって簡単に容認されない現代日本ですからして、やらかした車掌さんが悪い。

しかしながら上にも書いたように「またJR西か!」的な目で見られる。そういう意味でJR西は可哀相。中の人からすると逮捕された車掌さんは通勤に1時間かかるのがイヤとか接客がイヤとか供述してるみたいですけど、そんなん言われましても…ってかんじだろうなぁ。

それにしてもこの車掌さんは49歳らしいけど、それぐらいの年齢でこんなことするんだなぁ。
 
posted by chanco at 21:26| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

キセルで思い出した


このところ関東を中心に鉄道会社の社員が定期券を不正使用してたのが続々と発覚してまして、日本の片田舎の鉄道会社としてはふーんで終わっておったのですが、やはり来ました。

お上からの注意喚起。いつもの、オメェんとこはでぃじょうぶけぇ?しゃっきりやんねぇ!ってもん。

そもそも社員自体がマイカー通勤してるような交通の便のよろしくない地方の極小鉄道会社にとっちゃ大して関係のない話ですけど、そこはこの業界。お上は仕事をサボらないのであります。ま、客観的に見れば銀行員がお金をちょろまかしたようなもんとも言えるしね。


そしてふと思い出したのですが、そういえば僕が入社して間もない頃、駅窓口に見たことのない乗車証を提示して「これで…」なんつって通ろうとしたお客さんがおりました。すいませんと呼び止めて券面を確認すると大手鉄道会社さんの社名入り。???と混乱してたら、やりとりを見てたベテランの駅員さんが「ごめんね。もうあかんのよ」。お客さんは不満そうにぶつぶつ言いながらもおとなしく切符を買い直してました。

後でベテランさんにあれは何ですか?と聞いてみると昔の慣習であったらしい。

国鉄華やかなりし頃(?)、鉄道の現業職員は自社の乗車証で他社線を利用するのが当たり前!ではないにしろ、割とあったそうな。労働組合等を通じて交流があったりしたし、コンプライアンスなんてない時代だし、末端の係員にまでコスト意識が徹底される時代でもなかったから、大目に見ようってところでしょうか。

今の常識からすると、あっりえへーん!ですけど、その当時は牧歌的な時代だったんでしょう。おそらく鉄道に限らず。
posted by chanco at 22:14| ホノルル ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

二足のわらじ

ちゃん付けするような歳ではないけど、YAWARAちゃんの人が参議院選挙に出馬するらしい。おやおや?と思ってたら柔道は引退しないらしい。ますますもっておやおやおや?柔道家と政治家っちゅーもんは両立できるんだろうか?


政治家って何をやってんだ?って気もするけど実際はどの業界もおんなじで多忙な日々ではないかという気がします。本気で政治家やろうとするなら柔道の練習する時間がとれなくなるんじゃないの?その逆もしかり。

この人はスーパーウーマンみたいなのでいけそうっちゃいけそうだけど、うーん…。素朴な疑問として例えば柔道の大会と選挙だの国会だの、かちあっちゃったらどうすんだろう?


実は割と好きな人だったりすんのでがっかり。今からでも遅くないのでどっちかやめてくんないかなぁ。



なーんて思ってる人はいっぱいいるんじゃないだろうか。


その昔、僕の会社でも一人で3つぐらいの職を兼務してる人がいまして、多忙ではあったようですけどてきぱきと仕事をこなしてまして、僕なんぞはかっけー!なんて憧れてました。

ところがある日、とある現場の長が変わることになりまして、例によって業界歴の長いおじぃちゃん。でまぁ、寄せ集めの会社ですから元いた会社とは社風が大きく異なっていたようで、何かと不満を溜めてたご様子。最終的には各方面と衝突して去って行ったのですが、何かとフォローしてたのが兼務してた人。

それがまた癇に障ったのか「○○のやってる仕事は大事な仕事だ!片手間にできるもんじゃねぇ!」なんて褒めてんだか貶してんだかあっちこっちで言い触らしまして、この人は兼務を解かれることとなりました。業務量が多くて大変だったのかもしれませんが、傍らで見る分には溌剌としてて大層かっちょよかったのになー。


それ以降、そのおじぃちゃんがいなくなった今も兼務は解かれたまんま。ぼーっとしてるお姿をよく見る気がします。

なんか残念な気がしてならない。
posted by chanco at 22:23| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

休暇分散化ねぇ…?

なんかGWとかの大型連休を地域別に設定ししようなんて話があるらしい。またアイツらの思いつき発言か!と思ってたらなんとまぁ!

我らがお上たる国土交通省の下部組織である観光庁で正式に検討中だってさ。

http://www.mlit.go.jp/kankocho/iinkai/suishinhonbu/kyuka_wt.html


人間誰しも新しいことには抵抗があるもんですが、コレはちょっとそういうレベルを超えてるような…。メリットは?と考えてぱっと思いつくのが学生とか公務員とか仕事してない人が旅行に行きやすくなるかも、ぐらいしかないんだよなぁ。


業界的に考えても、連休の異なる地域をまたぐ鉄道は困るよねぇ。

必ずしも地域間で電車を留め置きする場所がある訳じゃない(むしろないような)し、地域間の境界で列車本数が減少とかなると利用者も乗り換え不便になるだろうし、そもそも○日は平日ダイヤなの?休日ダイヤなの?なんて問い合わせが増えちゃうだろうし、一番の心配は平日朝の旅客需要があるとこに読みを間違えて休日ダイヤで運行しようもんなら大混乱!結局は休日でない地域に合わせて全地域で平日ダイヤで運行とかになっちゃって、乗務員その他の休日が減るし、その分の人件費も増大する結果になりそう。


あとは故障とかあったときは最終的にはメーカー頼みになる訳でして特に中小鉄道会社は扱いが軽いというかメーカーさんからすると大口の顧客である大手さんが優先される傾向があるみたいでして、遠隔地のメーカーに問い合わせしても「こちらは休日なんで…」なんてますます後回しにされそうな予感。


悪い予想ばかり書いてもイヤな気分になるだけなんで良い予想を書いてみるけど、地域別の連休となることで観光地に人が集中することがなくなるというか減るだろうから、それを見越して観光客が増える。でもって僕のいる会社の売り上げも増える…か?

どうだろ?鉄道旅客が増える感じしないなぁ。地方観光といえばレンタカーって気がする。


うーん。なんかサマータイムみたいな感じ。誰が希望してんのかよく分からないのに勝手に導入されて盛大な批判を浴びて数年でやめるみたいな。
posted by chanco at 19:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

正直、その発想は…

僕のいる会社では他社のことは滅多に話題にのぼらないのですが現在、こんな話題で大盛り上がり!

***

自社養成列車乗務員訓練生を募集  いすみ鉄道
http://www.isumirail.co.jp/topics/100305.html

訓練費用700万円を自腹負担で電車(電車じゃないけど)の運転士になれる!という企画。晴れて電車の免許取得後は契約社員として週1回以上、乗務して給料もらえるよという仕組み。

***

説明会の参加費用5千円って記述もあるし、このところ世間を騒がせてる(?)鉄道ファン向けでしょうかね。よくこんな風変わりなの思いつくなぁと単純に感心します。

そもそもココは社長を公募してたとこじゃなかったっけ?僕も含めて業界人には思いつけないようなこんなにアグレッシブな企画が出てくるってことはなかなかいい社長さんを見つけたんだろうねぇ。外資系の航空会社で鍛えた(?)人らしい。黒船じゃー。


面白い企画だけど個人的に気になったのは、晴れて試験に合格して免許を取得して契約社員として乗務した後。ギョーカイでは我らがお上の指導で乗務員に対して定期的な教育だの訓練だのが必要となる訳でして、その辺りは他の乗務員と同じかそれ以上に求められるんじゃない(お上の指導であるからソコは恣意的な面が大きい)。なんだかやりづらくなりそう。大丈夫かしら?


あと、中の人には乗務員とは人命と財産を預かっているんだから云々とコムズカシイことを言う人はいないのかな?契約社員という雇用形態では安全意識が低下してしまう!とか、週1回運転するだけなんて遊び半分みたいな形で乗務員という重要な仕事をしてもらうのは困る!とかさ。
組合活動が盛んな業界では当然に出てくる精神論なんですけど。


…個人的にはどんなに労働条件が悪かろうとそういう責任の重い職種についた以上はそれをそれとして受け止めつつ、仕事に徹するのが古き良きプロフェッショナルっつーもんじゃねぇの?と思ってたりもする。

まぁそうは言っても何事にも限度があるんですが、耐えきれないような労働条件だったらやめればよいというかやめるべき。そうやって悪条件のとこからは労働者が逃げ出すことで経営者は労働条件を良くせざるをえない。ほら、都会のバイトは同じ仕事であっても田舎のバイトよりも時給がいいじゃない?労使交渉で手間暇かけて話し合うよりもそういう方向で変えく方がずっとラクだと思うんだな。


話を戻すと、当然にそんな議論もあったろうけど社長さんがねばり強く説得したってことなんだろうか?それともワンマンっぷりを発揮したのか?いずれにせよ改革を実行できる人が社長さんってのはうらやましいもんです。


それにしても、いつものトコ(みんな大好き♪な便所の掲示板)ではイロモノ扱いされてるみたいですけど、国家資格たる免許が取得できます。都会じゃ見なくなったかも知れませんが地方じゃ全然現役のディーゼル車の。

これでさ、いすみさんで免許取ってJRさんとか大手さんの有資格者向けの乗務員募集→採用へ至るルートができればちょっぴり面白いことになるのかなという気がせんでもない。
posted by chanco at 01:00| ホノルル ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

商業主義万歳!

冬のオリンピックってスゴイ!

おめぇスポーツ興味ない宣言してる(?)くせに何言っちゃってんの?って話ですけど、スポーツ自体が、ではなくてですね、商業主義っつーかTVを意識した見せ方が大変に良くできてるなと。


だってほらカーリングとか。単体で見ればスキーやらジャンプやらと比べると動きのない全く持って地味な競技じゃない?下手すりゃなんでオリンピックの種目になってんの?ってなぐらい。

でもTVで見ると面白いじゃん。あれ、競技場のサイズ分かんないけど、恐らく現地で見てもどっちのチームの石(?)が的に近いとかよく分かんないし見ててあんまし面白くないと思う。それがTVだと的の真上から見れるし、選手同士の話し声もマイクが拾ってるし、投げてる選手の顔もアップまで映るというサービスっぷり。ここまでされると面白くはなくともつまらなくはない。


他にもスキーとかスノボのクロス。今回からオリンピックの競技になったみたいだけど、複数名でアップダウンの付けられたコースを滑り降りて一等賞を目指す!なんてTVで見てあれ?こんなのゲーセンでなかったっけか?と思いましたよ。しかも滑り出してからゴールするまで5分もないの。飽きっぽい視聴者に皆様も大丈夫!すっげーTV向けじゃね?


こういうのってやっぱり放映権料とかがっぽりなんだろなと下世話なことを考えちゃうわけでして。

そこからまた思うのが、最近は少しは変わってきたみたいだけど日本だとスポーツ選手がTV番組に出るのって、本業=スポーツに専念しとけよ!なんて眉を顰められる的なとこがあったりするけど、海外じゃそうじゃないんだろうなぁ。

さらには、スポーツとTV=お金儲けを結び付けることに微塵の躊躇いも感じられないのよね。スポーツとお金儲けを結び付けちゃなんねぇ!という日本人の感覚が世界標準から見るとズレちゃってるんだろうけど。


でもって結論は正直でよろしおま♪そこまで開けっぴろげにされたら応援せざるをえーへんやろ。なんてね。
posted by chanco at 01:00| ホノルル ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

てゆうかアレってスポーツじゃないじゃん

フィギュアスケートで韓国の女子選手が世界最高得点を叩き出して、みんな大好き!便所の落書き!な掲示板ではそれが八百長だなんだと騒がれてるみたいだけどそもそもフィギュアスケートってスポーツじゃないと思うんだな。


だってあれ判定基準が客観的じゃないもん。野球とかサッカーみたいに素人がぱっと見て点が入ったとかそんなじゃないやん。


何回転ジャンプがどうのとかの技術力ならともかく、表現力とかそんなんが判定基準になってる時点でどうかと思うわけよ。そんなもん判定員の主観じゃねぇの。生まれ育った環境で全然違うだろうがよ。


スポーツっつーのはもっとすっきりしてるもんじゃね?誰が見ても異論がないくらいに勝ち負けがはっきりする、そういうもんでしょーが。


個人的にはなんでオリンピック種目なのかすらわかりまへん。


***

こんな風に考えてる僕にとっては今回の八百長だなんだの騒ぎは楽しくて仕方ありません。もっとやれ!
posted by chanco at 03:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

鉄道ファン?ふーん。


このところ鉄道ファンだかマニアだかオタクだか取り巻く人々の行動が話題になっています。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100206/crm1002061201013-n1.htm

【衝撃事件の核心】「鉄ヲタ専用車両でーす」暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

京浜東北線から通勤型車両「209系」が引退するってんで、一部の鉄道ファンが大騒ぎして遅れが発生。一般人ドン引き。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100214/dst1002141428005-n1.htm
鉄道ファンが列車止める JR関西本線

普段は走らない列車が走るってんで鉄道ファンが集まり、線路内に立ち入る人まで。係員が注意しても退去しなかったので警察に通報。そのせいで何本か運休したとか。


スゴイですねぇ。としか言いようがない。

鉄分どころか趣味分すらゼロに近しい僕からすると、何が楽しいんだろ?疑問に思ったりもする。


いや、社内にもマニア的な人がいて電車の写真撮ってたりして見せてもらったりすることもあって「どう?」「綺麗ですね」ぐらいのやり取りはありますけど、それだけだもんね。

ヒマだなぁとか否定的な感想はないけど自分も撮りたいなとか積極的な肯定的な感想もありません。ふーんで終わり。無感動なやっちゃで。


僕のいる会社では知る限り線路内に入り込んだりギリギリのところで撮影するような人とか問題になったことがないってのもあるんでしょね、仕事中に電車の写真撮ってる人に遭遇して思うのは一つ→こんな小汚いもん(オンボロ電車)撮ってなんが楽しいん?


最近は電車の中でビデオ撮影してる人を見掛けるようになりましたが、アレは安全とは別の面でどうなのよ?って思います。主に前面展望を撮影してるみたいですけど、僕の会社の電車では車両構造上、画面には見知らぬ見目麗しくないおっさん(乗務員)が映るのです。そんなビデオ誰が見る?ってか見て楽しいの?

女性乗務員もいるからなと思いつつ、盗撮(?)された!と申告してくるのはおっさん乗務員ばかりで、何ら思い入れのない第三者目線で見るとどっちも滑稽だったりします。


いやはやなんとも他人の嗜好は不思議なもんです。


とまぁどうやらファンにすら相手にされていない中小鉄道会社に勤める身としては完全に他人事の感想です。
posted by chanco at 23:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

トヨタを擁護する

トヨタのプリウスのブレーキに不具合でリコールらしい。で、いつものようにTV新聞ラジオ他マスコミではここぞとばかりに何やってんの!技術力の低下じゃー!などと一騒動。

よってたかって非難する、コレこそがイジメの構造だということになぜに気付かない?

トヨタ嫌いだけど捨て置けぬ。というわけでトヨタ擁護の日記。


今回のリコールについてトヨタの説明
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/10/02/nt10_0204.html

>今回の4車種につきましては、通常路面では油圧ブレーキと回生ブレーキが併用されておりますが、ABS作動時には油圧ブレーキのみに切り替わるため、雪路や凍結路を低速で走行している際にABSが作動した場合、ABS作動前に比べ、制動力が低下し運転者の予測よりも制動距離が伸びる可能性があります。

>ABSの作動時に制動力の低下を感じた際は、ブレーキを更に踏み込めば結果として運転者の予測どおり停止することも可能ですが、よりお客様に安心してご使用いただくために、今回、リコールにより、徹底した対応を行うことを決定いたしました。


確かにリコール決定前には新しいブレーキ制御プログラムによって旧来の車とはブレーキの感覚が異なるからです、だから欠陥ではありません、みたい説明してたよね?

コレを聞いて電車の分野でも似たようなことはあるようなと思いました。

電車の場合は電車ですからモーターを使っててその制御方式も抵抗だのチョッパだのVVVFだのいろんな種類がありまして(詳細は僕もよう知りません。技術屋じゃないもん)、やっぱり運転の感覚は車種によって微妙に違うし(加減速が滑らかじゃないとかね)、新しい方式を使ってるのは古いのに比べると加速減速の性能自体が良くなってたりもします。


そういう業界からすると、今回のリコールはやっぱりブレーキの不具合の問題じゃないのでは?そんな気がする。だってほら電車でもあるように自動車だって販売前にブレーキ性能その他が国の基準を満たしてるかどうかをチェックするでしょ?それをクリアしてんでしょうから。要はユーザーが慣れればいいんじゃないの?

強いてトヨタを非難するなら、新しいシステムを作って使用感が旧来のものと異なるのは仕方のないことだろうけど、それをどこまで旧来のものに近づけるような努力をしたのか?という品質管理という面。そもそも新しいシステムにする必要はあったのか?新しモノ好きの技術者に引きずられた?


そういや僕はトヨタよりもホンダが好きで旧型のフィットが出始めた頃から個人的に使用してますが、新車でATのクセに坂道発進しようとするとずるっと下がることがあるんよね。この「下がることがある」ってのが曲者。

坂道発進の際に常に下がるという訳でもなく下がるときと下がらないときがあんの。坂道の傾斜とか路面の状況が原因かな?とも思ったけどそうでもない。

運転しづらいんですけどとディーラーに相談したら他にも同様の苦情が寄せられてたらしく構造上の問題云々で直せないみたいなこと言われたっけ。え?新車のクセに何ソレ?と思ったのを覚えてます。

でもそのうちに定期点検だか車検だかの時に何かの部品を交換しときますねみたいな話があって、車にさほどの興味はないんでよく分からないまま了解したらいつの間にやら良くなってました。たまに下がることはあるけどかなり頻度は低下しました。

今になって思うに、これこっそり直したってこと?
posted by chanco at 03:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

独法はどこが特殊なの?


たまたま我らがお上たる国土交通省のサイトを見てましたらこんな頁がありました。

独立行政法人役員の公募について(お知らせ)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo03_hh_000039.html

もうそういう時期ですかな?公式には天下りが禁止されて雲上人も大変よねなどと思って見てた訳ですけど、湧き上がる素朴な疑問。すなわち、何故に外部から人を連れて来なきゃならんのか?

独立行政法人の監事やら理事を募集って、民間企業で考えると取締役を募集しとる訳でしょ?純粋な民間企業だと利害関係のないところから取締役を連れてくるってのはあまり聞いたことのない話ですけど、そこら辺りはどうなのよ?独法だから特殊なんですってこと?

うーん。必然性がいまいちぴんと来ないような…。

どうせ1年半〜2年の任期だったら外部から人を連れてきても勝手が分からない訳だし期間も短すぎてたいしたことができるようには思えません。給料半分くらいで(いずれも年収1200万〜1500万程度)内部の人間を昇格させればいいんじゃない?

それができないのはどうしてだろう?
posted by chanco at 17:11| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

なぜに検察が批判されるのか?


民主党の幹事長の人がタンス預金4億円を隠し持ってたとか持ってなかったとかで大騒ぎしとります。

色々とよく分からないんですけど、一番不思議なのは皆々様の検察庁に対するモノの考え方。

いやね、そもそも法治国家である日本国においては、今回の件に限らず犯罪ってのは裁判所で認められて初めて成立するわけでしょ?で、検察とか警察とかってのは犯罪の疑いがあるから調べる人たち。

これが大前提じゃないの?

なのに皆々様におかれましては検察庁に逮捕された=犯罪者みたいな扱いじゃない?

この辺り、りたらしーとやらが足りないのではありますまいか?

幹事長の人は逮捕されると周りから犯罪者扱いされるという懸念があるからか、検察の人のお呼び出しに応じないし。そりゃ、行動の自由とかなくなっちゃって色々と不都合だろうねってのは容易に想像がつくけど、逮捕の時点じゃまだ犯罪者じゃない訳よ。

そこのところどうなのよ?

中には検察のやり方を批判する人までいて…問題は報道の仕方というか情報の受け手の側ではないかと。
posted by chanco at 21:59| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

手をつけてはいけない領域

全国紙の一面に掲載されてて珍しくマジ読みしたニュース。

http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200912110473.html

我らが天ちゃんと中国のエライさんが会談するらしい。本来は一ヶ月前予約じゃないとダメだけど相手との仲をかんがみて、直前予約をOKにしたとか。

これはいかんやろ。

日本って平等が建前の国でしょ。相手が誰であれ均一にサービスするのがウリじゃない?お金持ってるからとか社長の知り合いだからって余分にサービスしますってのは三流。いけ好かないね。

そういう風に考える国民性のはずなのに国民の代表たる政治家が明文化されていないみたいだけど平等ルールを破るとは何事?


とまぁそれっぽい怒りを書いてみるんですけど、根っこの部分の感情としては→天ちゃん、カワイソー。

だってあの人たちは職業:生まれながらの皇族、天皇でっせ。プライバシーとか自由とか名字とか色んなもんがない。

幼年期ではちょっと運動会に参加しただけで報道対象になって、年頃になったからといって好いた惚れたの色事は簡単じゃない。成年したらしたで結婚相手は誰だ!?運良く結婚できても跡継ぎは?そんなお節介の嵐。

喰いっぱぐれは恐らくないだろうけど、補ってなお余りある負債を抱えながら生きてる人たちに見えます。


戦争が終わって「陛下の御心を鑑みて」とか勝手な理屈で暴れる政治家・軍人たちとはお付き合いしません!させません!という世の中になって、少しは負担が軽くなったんだろうよと思っていたのは勘違いだったらしい。

…天ちゃんの背負ってる荷物の重さが増したなぁ。
posted by chanco at 07:39| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

いっそ連立相手を変えれば?


たまにニュース見ると日本国の政治は大丈夫かな?と思う。

元々、民主党が大勝した時点でなんかヤなかんじぃと思いはしたのよ。いや、民主党が嫌いという訳ではなく、小泉さんの頃の自民党が好きではなかったのと同じ理由。つまりは多数派は信用できないって考え。

そんな考えはあっても自民党の政治で煮詰まってる感はあったんで新しい人に仕事まわすのは大事よねぇと割と暖かく見守ってたんですけど、やっぱしルーキーはルーキー。

残念ながらそんな結論に落ち着きそうです。


だってねぇ…たとえば普天間基地。移設するとかしないとか年内に結論出すとか大騒ぎした挙げ句、先延ばし。思うに最初から確固たる方針はないんだけど、ちょっと言ってみよっかな。そんな感じではあるまいか?だったら言うなきゃいいのにねぇ。

前の曲がり口の首相が厚生労働省を分けるとか分けないとかで顰蹙買ってた姿を見て学習しなかったのかしら?


他にも事業仕分け。せっかく仕分け人が是非はともかく働いたのに関係大臣どころか首相御自ら仕分けにはこだわらないみたいなこと言っちゃうとかね。そりゃねぇよ。ハシゴを外されることの多いサラリーマン的には身につまされてもののあはれを感じます。


他にも自民党がやったらさんざん批判してた強行採決とかね。つまるところ国会は多数決であるということに政権とってから気付いたの?学習した結果かも知れませんが、スジとして自民党に謝るべきじゃないの。あんときはさんざん非難してごめんねって。


あと国民新党と社民党がでしゃばり過ぎな気がする。圧倒的多数の国民が支持したのは民主党であって国民新党とか社民党ではないハズなんですけど。

どうもコイツらのせいで政権運営がうまくいってないみたいだし、思い切って手を切ってベテラン自民党と連立すればいいんじゃない?元は一緒だし。

ほら、ベテラン自民党つってもこないだの選挙で弱体化してるし、ルーキー民主党でも対等に付き合ってけるんじゃないの?

意外によい案じゃね?
posted by chanco at 21:52| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ヘンな大臣

JR西日本があの脱線事故で調査に入ってた事故調のメンバーから情報を引き出そうとしていたそうです。

「尼崎脱線:事故調報告案漏らす 元委員がJR西の前社長に」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090925k0000e040069000c.html

兵庫県尼崎市で05年4月に発生したJR福知山線脱線事故で、運輸安全委員会は25日、事故原因を調査した当時の航空・鉄道事故調査委員会(08年10月に運輸安全委に改組)の山口浩一・元委員(71)が、JR西日本の山崎正夫前社長に働きかけられ、調査状況の情報や報告書案を伝えていたと発表した。山口元委員は事故調で報告書案の修正を求める発言をしたが、報告書への影響はなかったという。事故調査委員会設置法では、委員の秘密保持義務があるが、罰則規定がなく、処分対象にはならない。(以下略)




あらら?と思ってたんですが、今朝になってこんなニュース。

「報告書漏洩でJR西に改善命令、本業務以外では異例」http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090929AT1G2802T28092009.html

JR福知山線脱線事故の報告書漏洩(ろうえい)問題で、前原誠司国土交通相は28日、JR西日本の佐々木隆之社長(63)を同省に呼び、鉄道事業法に基づき実態調査と再発防止を命令した。前原国交相は「遺族や鉄道利用者らへの背信行為で、言語道断」と厳しく非難した。本来業務以外で命令書が出るのは極めて異例。同社長は「大変申し訳ない」と謝罪した。(以下略)



このニュース、業界の端くれに生息してる身をしてはものっそい違和感なんです。

いやね、鉄道事業法の事業改善命令ってなかなかに出ないもんなんですよ。出たとしてももっと現場サイドなの。

これまでに出されたのってここ最近では平成18年度に銚子電鉄、平成19年度に島原鉄道。それぐらいでどっちも老朽化が著しくて電車が来てるのに踏切が開いたり枕木が腐ってたりとはっきりと安全運行に支障があるから改善しなさいって命令。

そもそも鉄道事業法自体がこういう規定になってます。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S61/S61HO092.html

(事業改善の命令)
第二十三条  国土交通大臣は、鉄道事業者の事業について輸送の安全、利用者の利便その他公共の利益を阻害している事実があると認めるときは、鉄道事業者に対し、次に掲げる事項を命ずることができる。
一  旅客運賃等の上限若しくは旅客の料金(第十六条第一項及び第四項に規定するものを除く。)又は貨物の運賃若しくは料金を変更すること。
二  列車の運行計画を変更すること。
三  鉄道施設に関する工事の実施方法、鉄道施設若しくは車両又は列車の運転に関し改善措置を講ずること。
四  鉄道施設の使用若しくは譲渡に関する契約を締結し、又は使用条件若しくは譲渡条件を変更すること。
五  他の運送事業者と連絡運輸若しくは直通運輸若しくは運賃に関する協定その他の運輸に関する協定を締結し、又はこれを変更すること。
六  旅客又は貨物の安全かつ円滑な輸送を確保するための措置を講ずること。
七  旅客又は貨物の運送に関し生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約を締結すること。
2  前項の規定による命令(同項第四号及び第五号に係るものに限る。)があつた場合において、当事者が取得し、若しくは負担すべき金額その他契約若しくは協定の細目について、当事者間の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、国土交通大臣の裁定を申請することができる。
3  第二十二条第六項、第七項及び第九項から第十一項までの規定は、前項の裁定について準用する。この場合において、同条第六項及び第七項中「都道府県知事」とあるのは「国土交通大臣」と、同条第九項及び第十一項中「補償金の額」とあるのは「当事者が取得し、又は負担すべき金額」と読み替えるものとする。



今回のは対象外じゃないかいな?第1項の第6号を適用するのは範囲が広すぎる気もする。報告を求める事が出来るとはあるけど(↓)ちょっと逸脱気味のような。



(報告の徴収)
第五十五条  国土交通大臣は、この法律の施行に必要な限度において、国土交通省令で定めるところにより、鉄道事業者又は索道事業者(第二十五条第一項(第三十八条において準用する場合を含む。)の規定による許可を受けた受託者(次項及び次条において「許可受託者」という。)を含む。)に対し、その業務又は経理の状況に関し報告をさせることができる。
2  国土交通大臣は、この法律の施行に関し特に必要があると認めるときは、その必要の限度において、鉄道事業者又は索道事業者から業務の委託を受けた者(許可受託者を除く。)に対し、その委託を受けた業務の状況に関し報告をさせることができる。
3  国土交通大臣は、この法律の施行に必要な限度において、国土交通省令で定めるところにより、専用鉄道設置者に対し、その業務の状況に関し報告をさせることができる。



どうもこの国土交通大臣は己の権限を拡大解釈し過ぎてませんか?いくら大臣とはいえ法治国家ですから法に従わなきゃいけない。

…どうしてもそういうの出したいってんなら関東運輸局がよくやる、直接法令に基づかない「警告」という形の行政指導じゃないと。

命令と指導って大した違いはないようにかも知れませんけど、法に従うという点では大きく違います。法治国家ってのはときに迂遠なもの。それを拡大解釈やら短絡やらしちゃうと警察国家とか独裁者の誕生につながるわけで…

さらに言うと、JR西の社長さんは会社ぐるみの所行であることを否定してんのに(むろん、そんなはずはないでしょうけど)JR西に事業改善命令出すってことは国土交通省は会社ぐるみと決めつけてるわけですわな。そんな拙速なことでいいのかい?

こういうのって判定が難しいんだから、JR西も事を荒立てはしないと思うけど裁判沙汰になりかねんよ。


もいっこ気になるのが、そもそも接待する側(JR西)とされる側(事故調)って接待されて便宜を図る側のが悪いんちゃうんか?接待されても報告書案渡したりとか情報提供しなきゃいーじゃん。

事故調はなくなって運輸安全委員会になったけど、そっちのモラルをどうすんの?って問題のが大きいような。なのに鉄道行政の長でもあるんですが運輸安全委員会の最終的な長でもある国土交通大臣が事業者を叱り飛ばすってのは、自分のことを棚に上げて何を申すか!?ってかんじ。


この件については新しい大臣に非常に不信感。鉄っちゃんらしいんで割と期待してたんだけどなぁ。

がっかり
posted by chanco at 11:00| ホノルル ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

理想を掲げる人

新しい首相が地球温暖化防止のため温室効果ガスを90年比で25%削減とするとか宣言してます。

これ成功したらスゴイなぁと思います。ほら、プロジェクトX風じゃん?「誰もがムチャだと思った」みたいな感じ。かっこいいよね。

客観的に見てかなりムリ目な気がするんですけど、みんなのリーダーが人類の未来にまで影響する理想を語るのはいいことだもんね。

おおっぴらに美辞麗句を語る人は信用できないと思う派なので、ひそかにこの人のキャッチフレーズらしい「友愛」ってのが大変にキモく感じられて、大丈夫かね?こんなんが国の代表でなどと心配していたんですが、この宣言でちょいと見直しました。


とはいえ気がかりなことが一つ。

よもや温室効果ガスの削減って、あのうさんくさい排出権の取引でお茶を濁そうとしてるんじゃなかろうね?個人的にはあんなもん、お利口な投機屋さんが考え出した金儲けのテクニックの一つでまともなオトナが関与するもんじゃないと思うけどね。

それに温室効果ガスを出さない国から排出権を買いましたって話になったら、そもそも自国で出してる温室効果ガス減らないやん。

ちゃんと省エネの技術開発やらはてはマイカー規制までいろんな施策を駆使して実際に温室効果ガスを削減してほしいもんです。


…つうか、ちょっと思うんですけど、こういうのってどうせ誰も目に見えないんだから統計データをちょいちょいっと加工すれば(対象品目を限定するとか計算単位を変更するとか小数点以下を切り捨てるとかね)簡単に達成できそうだけどね。


19世紀のイギリス人ベンジャミン・ディズレーリがうまいこと言ってました。
There are three kinds of lies: lies, damned lies, and statistics.
posted by chanco at 01:10| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

迅速性と正確性

めざましテレビって朝のニュース番組(?)がありまして、あの番組の想定してる視聴者ってのは20代までの女性とそれぐらいに見られたいそれ以上の年代の女性とそれぐらいの女性にウケたい男性だろうよと勝手に思ってまして(要は女子供の見る番組)、3番目に該当するボクは割とちょくちょく見る訳であります。


今朝はこんなニュースをやってました。


選挙の開票作業が1時間短縮できると11億円の経費削減につながる、なんて試算があり、各自治体ではなるべく開票作業が早く終わるように努力しており、どっかの自治体では開票作業がなるべく早く終わるようにリハーサルを行ったり、開票作業のやり方を教えるDVDを作った。そんな感じ。


女子供向けの番組とは言え、ちょっとなぁと思ったんで珍しく感想を書いてみる。


選挙ってのは民主主義の根幹をなすもんであるからして一番求められるのは「なるべく早く」ではなく「なるべく間違いのないように」。いくら経費削減につながるからと言って急いでも間違いがあっては元も子もない。

なのに「なるべく早く」終わるようにという目的での開票作業のリハーサルって、何かしらおっきな勘違いしてるよ。「なるべく間違いのないように」ってんなら分かるけど。

公務員ってのはつくづくムダな仕事をするもんだ。リハだって人件費やら何やらでお金掛かるのになぁ(残業じゃなくて就業時間中だったとしても本来行うべき仕事が出来ないのなら同じことじゃないかい?)。

それを嬉々として放映している番組もいかがなもんか?そらまぁマスコミは結果をすぐに報道したいだろうから開票作業が早いに越したことはなかろうが。


そもそも「なるべく早く」という迅速性と「なるべく間違いのないように」っていう正確性ってのは両立しにくいもんです。


その昔、鉄道業界の一部ではこれを利用した労働争議がありました。遵法闘争ってやつ。国鉄が衰退するきっかけとなったもんです。

みんなの辞典wikipediaによると

***

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E4%BA%89%E8%AD%B0#.E9.A0.86.E6.B3.95.E9.97.98.E4.BA.89.EF.BC.88.E9.81.B5.E6.B3.95.E9.97.98.E4.BA.89.EF.BC.89


通常は省略ないし簡略化して実施されている行為を法令や規則を厳格に遵守すること(順法・遵法)を理由として完全に、あるいは必要以上に励行しこれによって通常よりも業務能率を停滞させるサボタージュの一種である。法令・規則を遵守しているのであるから形式的には通常の業務行為であるため、国家公務員法などにより争議行為を禁止されている公務員がこれを行っても違法とはならない。


例えば列車前方の線路上に鳥がいた場合、ほぼ必ず鳥は逃げるため通常はそのまま走行して全く問題がない。ところが順法闘争では「線路上に障害物を発見したから」等という理由で列車を停止させるなどの論理でダイヤを乱す行為が平然と行われた。列車過密輸送により規程を守っていると列車が遅れてしまうというように違反をしなければ現場が回らない場合もあったが、規程で定められた上限よりも極端に速度を落としたり危険を感じたと称して停止したりすることもある。

***

正確性を追求すればするほど迅速性が失われてゆく。

逆にこの開票作業のケースのように迅速性を追求すればするほど正確性が失われることも当然あります。

あの福知山線の事故がそう。諸説紛紛ですが、運転士が遅延回復のため制限速度を超過してカーブに突っ込んであの惨事に至ったのが直接的な原因と言われてます。


場面場面に応じてより必要とされてるのはどっちか?ってのをちゃんと判断できるようになんないとね、などと朝から思いました。
posted by chanco at 19:36| ホノルル ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

静岡大地震


静岡県を中心として大地震が起こりました。

幸い?今日は休みなんで朝からニュースに釘付けなんですけど、大きな被害は出てないみたいで何より。


過去に阪神・淡路大震災に遭遇したことがあるんですが、あのときは凄かった。市街地のビルが軒並み倒壊するわ、高速道路の高架橋が横転するわ。。。そんときは最大震度7。

今回は最大震度6弱らしいけど、ビルの倒壊やそれによる火災・圧死者等々がないようでホントに何より。

東海地方には大地震が起こると言われてたから、あの辺りの構造物は普段から頑丈に作られてたのか?


恵まれているというか守られてるんじゃなかろうか?と思うのが発生した時間。

朝5時だもんな。あと2時間ほど遅ければ夏休みとは言えラッシュ時間にあたって、これはもう甚大な被害が出てたでしょう。

それに天気も。台風の影響か大雨。崖崩れが起こりやすいのかも知れないけど、火災は起こりにくい状況だもんなぁ。


いずれにせよ、早く事態が落ち着きますように。
posted by chanco at 09:57| ホノルル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某社の車両逸走について


4月に某社のローカル線区で留置していた車両が運転士を乗せずに走り出して勾配区間を行ったり来たりするというトラブルがありました。

実はこれ、3年前にも似たようなトラブルありました。

だもんでてっきりこれは同じような原因で某社がお金ケチって基本動作の励行だの巡回指導の強化だのソフト的な対策だけで済ませてたんだろうな、などと思っとりました。

で、最近になってお上からオメーの会社でも同種の事故を起こさないようにしろよ!なんて注意が来まして、このトラブルの概況を教えて貰ったんですが、びっくり。


3年前の原因は輪留めを付け忘れて留置中に動き出したってことですが、実は再発防止策として車両電源を切ったら確実に予備のブレーキが利くように改造してたらしい。

今回は留置してた車両を動かそうとして輪留めを外して電源入れた(その時点で予備のブレーキが緩む)んですが、運転士はなぜか点検を最後まで完了しない内に運転席を離れたんで動き出した(通常使用するブレーキは留置用じゃないんで長時間放置すると勝手に緩む)。


実は某社は儲けとるくせにローカル線区にはお金使わないんやね、阿漕よのうなどと思ってたんですが、これはちょっと個人の問題のような。。。個人的な感想を一言で言うと「これはない!」に尽きます。

だって、点検途中で車外に出て別のことするってのはねぇ。せめて点検終えてブレーキ利いてることを確認してから出ればよかったのに。


某社の中の人もびっくりしたんじゃないだろうか。これで危機管理体制がなっちゃいないと言われても困るよね。

いや、都会走ってる最新の電車だと電源入れた状態でハンドルから手を離すと勝手にブレーキがかかる仕組みがあったりもするんだけど、そういうのってやっぱりお金がかかるし、古い車にそういうのを搭載すんのは技術的に難しかったりします。

しかも、おそらくは赤字のローカル、単線区間。他の線区で儲けてても費用対効果の観点からはそう沢山のお金は掛けられないでしょうよ。ってか、まずは利用客の多い他の線区からって話になるでしょうよ。


いやいや、ホントにびっくり。うーん、人間って何するか分かんないもんだねぇ。
posted by chanco at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

キッズ車両が求められてるらしい

まずは47ニュース。

http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070801000550.html

>小池百合子元防衛相ら自民、公明両党の女性議員有志が8日、勤務先付近の託児所、保育所などに子どもを預ける親のために、朝夕のラッシュ時間帯の電車に親子連れ専用の「キッズ車両」を導入するよう、金子一義国土交通相に要請した。


でもってラーメン大好き♪ではなさそうな小池さんのサイト。

http://www.yuriko.or.jp/kids.shtml


要はね、少子化対策の一環らしい。家の近所に託児所がない場合は、そこまでの交通手段が大変でしょ?ってことで共働き世帯への配慮を!てことらしい。

面白い発想でしょ?


たまには中の人っぽい意見を書いておくと業界では一般的に6歳未満の幼児は付き添いがあれば無料(1人目、2人目からは有料)12歳未満の小児は大人の半額。

例えばベビーカーそのまま乗車だとどうしても他のお客さんよりも場所取る=車内のスペースが有限である以上、乗れたかもしれない他のお客さんが乗れない。

そんなこんなで目先の利益だけで言うならばこういうお客さんは上客とは言い難いような…。

あ、こういうことを書いてはいかん。現代日本においてお客さんを選ぶことができるのは頑固親父のラーメン屋だけってことになっております。という訳で抹消線を入れておこう。


ちょっと真面目に意見を書いておくと、そもそも幼子と通勤せざるを得ない(あるいは通勤したい)父母ってどれぐらいいるんだろ?通勤で使ってくれてるお客さんの中でどれぐらいそういう人がいるんだろ?

そこんとこを明確にしないと何とも言いづらいよね。

で、残念ながら鉄道会社にはそういうデータがない。例えば朝8時台にこの路線を利用している人の何割が男性でとかね。そういう基礎的なもんがありません。

だからこそ女性専用車両を導入したらスカスカで一般車両の男性ごりっぷく!なんてことが起こったりもする(こういう思いつきめいた意見が出てきても、データがないもんだから「痴漢に苦しむ女性のため!」という大義名分がきちんと検証されずに導入されたりする)。

まずはそういうもんが必要ではないかね?


それにしても

>なお、少子化対策担当大臣、鉄道事業者に対する要請も近日中に行います。

朝夕のラッシュが激しい事業者ってのはその大半が民間企業なのにまずはお役所からなのね。なんかね、そういうところに民間企業の活動ってのはお役所が縛るもんだという意識が垣間見えるような。

この人たちに限った話じゃないんだろうけど、日本じゃまだまだ護送船団的意識が強いんだなぁ。
posted by chanco at 12:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

SASが原因でトラブル?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影響でオーバーランだってさ。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090612-OYO1T00465.htm?from=top

産業医は乗務可能と判断してたってのがまた難しいトコロ。


そもそもSASについての我らがお上の見解がこちら。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/09/090601_.html

*********************************
(3)
 スクリーニング検査でSASの確定診断のための精密検査が必要と判断された場合には、精密検査を受けるとともに、SASと診断された場合には、適切な治療を受けるよう当該運転者を指導すること。

(4)
 SASと判明したからといって乗務からはずすなどの差別的な扱いをしないこと。不利な扱いを避けるためにSASであることを隠し、治療を受けないで運転業務を続けることが最も危険な状態であることを理解すること。

*********************************

産業医が乗務可能と判断してたってことは、医師の治療は受けてたってことではあるんだわねぇ。ってことは会社側の対応に落ち度はなかったってこと。SAS関連の治療とか診断が産業医の専門分野ではなかった可能性もあるけど。

この運転士個人の問題か?


いろいろと思い浮かぶのですが、つまるところ、お上もボクたち鉄道会社も、ひょっとしたら医者さえも、この病気にどれほどの危険性があんのかってのがよく分かってないのかもね。

posted by chanco at 22:36| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。