2016年05月22日

米軍関係者による事件の雑感


例の沖縄で女性が米軍関係者に殺された事件、感情的に過ぎて報道を見るに耐えない。

「繰り返される米軍関係者による事件」みたいな枕詞が付けられてるけど、何の意味があるのか?何をもって繰り返すと判断しているのか基準が曖昧であり、繰り返されるという言い方をするなら常日頃から日本人による事件だって繰り返されているわけで。米軍=悪いとする印象操作の効果しかない。

そもそも個人ではなく米軍関係者という属性をことさらに大きく取り上げるのはいかがなものか?犯人の米軍関係者が女性を襲って殺す仕事をしてるってんなら分かるが、そうではなかろう。仕事中でもなかったし。本来、一般人を守るべき軍関係者が一般人に害をなしたという文脈だから、という理由付けがあるのかしら?しかし、それは職業差別につながる。

さらにいかがなものか?と思うのは今回の事件に限らず、警察に逮捕された時点では容疑者=疑いのある人という大原則が忘れ去られているのではないか?ということ。上で犯人と書いちゃったけどこれは本来NG。。現代日本あるいは諸外国もぐーぐる先生あたりの手助けで私刑社会となりつつあるようだが、日本は法治国家であり、法治国家である以上、犯罪者は裁判所によって定められる。取り調べて自白しましたと言っても取り調べ可視化の話が出ているように自白だけでは犯人と決めつけることはできない。

そして、赦しの問題。この米軍関係者は今後、裁判を経て、一般社会に帰って来る可能性がある。そのとき、どうするのか?感情論として赦し難いけど、彼にだって裁判の結果、生きる権利が保証される可能性がある。感情論で拒むわけにはいかんでしょ。被害者でない我々は冷静に接しなければならないのではないかな。
posted by chanco at 13:15| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

twitterには気をつけよ


のっけから大多数の人にケンカを売ってしまうのですが、twitterでいろいろと呟く人ってどういう意図でもって呟いてるんでしょうか。呟いた件についてリアクションがあって、それでもって見知らぬ人と知り合いになれると言うことなんでしょうか。警戒心が強く根が引きこもりな自分にはちょっと想像つかない。

いやね、特命で(?)twitterやらfacebookやらを自社名で検索してんの。大抵はお客さんの毀誉褒貶というか罵詈雑言というか「ウチの者が誠に申し訳ございません」という内容ばかりでしかるべき部署に連絡して後はお任せしてるんですが、そこに至るまでに個人的なセンサーが反応しているIDが複数。

このたびめでたくもなく、そのIDを特定。割と最近入ったお若い人でした。どうして分かったかと言うと、これは声を大にして言いたいのですが、一つの呟きだけじゃ分かんなくても複数の呟きを重ねてくと分かるもんです。あれ?どうやら自社の社員っぽいけどはて?で泳がせるというかしばらく観察あるいは過去の掘り起こし→あやっぱ自社の社員だわってなもん。

とはいえ、単にそれだけなら特にどうと言うことはありません。そこまで義理のある特命(?)でもないし。公式発表をフライング発表とかね、非公式情報をおおっぴらに流されちゃうとフォロワー数っての?影響力云々はさておき、さすがにうーんと悩んで発注主(?)に報告せざるを得ないのね。

その結果、どうなったか→知らないところで物事がいろいろと動いたらしく(アウトロウにその辺のはっきりした話は来ない)気付けばその人は会社からいなくなってました。思わず発注主に問いただしたらそれだけが原因ではないとのお話。あれま、悪いことしちゃいましたね、いやいや、相手が悪いことしてたから辞めさせられたんだよなんてね。

とはいえ寝覚めの悪いお話。断じてそーゆー意図はなかったのだよ。ってか、よく知らない人だったし。
posted by chanco at 14:11| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

夫婦別姓の最高裁判決とか


夫婦同姓を規定する民法は憲法に違反しない=合憲だという最高裁判所の判決がでたそうで、これについて不思議なのは、各人のアイデンティティとかいうもんはどうなってるんだろう?こと。

国家に認められようが認められまいが、好きな名前を使えばいいじゃない。それが自分にとって大事なことなら。好きなもの、大事にしているものが否定されるのは悲しいことだけど、否定されても価値は減らないよ。だって好きだとか大事だとか決めてるのは自分じゃない。自分の判断ってのは国家や周囲の人々に左右されちゃうもんなの?好きとか大切にしたいとかそういう信念みたいなもんってのはそんなに軽いもんかい?

よくね、周囲の人々には何をやってるんだ!?なんてバカにされたり認められなかったりしたけど、何十年も続けてくうちに周囲の人々が勝手に認め始めて、あの人すごいですねーなんてTVでやってるけど、ああいうのに共感はしないの?自分の判断基準だけを信じ続けて努力する人を評価しないの?

これ、素朴に疑問。なぜにいちいち認めてもらわなきゃいけないんだろう?


それにしても、これでまた日々の暮らしには直接関係ないことで伝統的な家族制度が崩壊するとか世界で標準的な制度を導入しろとか議論が始まるんだろうなぁと抽象的な議論には興味がもてない自分には感慨深い。
posted by chanco at 17:36| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

同性愛者は異常か?に驚いた


このところ同性愛者は異常だ!とかネットに書き込んで叱られるケースが起きてまして、ちょっと不思議なのは岸田秀(まだご存命かしら?)の名前が挙がらないこと。

岸田秀という人は日本における精神分析学の大家とも言うべき人であって、その昔には僕でも知ってる程度に一世を風靡した学者さん。いろいろと面白いことを言ってて、人間の本能は壊れていると。人間以外の生き物にはきちんと発情期があって、異性以外には発情しないのに人間はそうではない。あまつさえ、ブルセラやナース服やらそういったもんで発情、欲情する。なぜなら人間の本能は壊れているから。

その流れでいくと、同性愛は異常であるが、異性愛だって異常である。そういう結論になるのではなかろうか。

こーゆーことを言う人がいないのはどうしてだろうか?岸田秀は過去の人ではないと思うんだけどなあ。
posted by chanco at 13:08| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

私の履歴書に葛西敬之さん

もう終わりなので書きますが、日経新聞の割と著名な連載記事、「私の履歴書」に今月はJR東海の葛西敬之さんが寄稿しています。この連載記事はタイトル通り、己の半生を語るみたいな内容。葛西ファン?としてはチェックせざるを得ません。


んで気付いた点としては、文章表現。昨今では見聞する機会の少ない言い回し・漢字表現が使われてます。例えば、「齎す」もたらす。「天祐」てんゆう。「熟す」こなす。「抑々」そもそも。
新聞紙面の字数制限があるからかもしれませんが、学生時代に論語を家庭学習していた人ならではという印象で、記者がインタビューして構成したわけではなさげ。毛筆が上手な政治家に対する程度のものですが、学があるのね、と単純に感心します。


もう一つ気付いたのは、これまでの著作では仲間の名前を出すことはあまりなかったように記憶しているのですが、今回は僚友という表現で「山田佳臣君(現在の『JR東海』会長)」「南谷昌二郎君(『JR西日本』元会長)」を挙げて感謝の念を表しています。30年近くの時が過ぎて国鉄民営化が過去というより歴史の一部になりつつあるから名前を出せるようになったのか?あるいは人生の終末を悟り始めて何かしらの身辺整理なのか?
そして国鉄民営化の三羽がらすと称されるけど残りの二羽の名前を出さないのは巷間言われてるように冷え切った間柄なのか?
いろいろと妄想がふくらみます。


あと、今日の記事では「日々、詳細なメモを書き続けて闘志を温めた」とあったので道理でこの人の著作では詳細に記述があるのね。と昔からの疑問がひとつ解決しました。続きを読む
posted by chanco at 23:41| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

【映画】バケモノの子


宮崎駿なき後の(?)日本のアニメ界どーなんのか?男女を問わず一部のマニア向けとしか言いようがない萌えアニメばっかになっちゃうのか?大人(おっさん)が見ても楽しいアニメはなくなっちゃうのか?そんなことを考えて見ようと思った映画。バケモノの子。メディアの宣伝でちらっと見た限りでは宮崎駿の後継者(ゴローさんはどうなった?)になれるかな、みたいな位置づけの人らしいので見ました。

感想としては、なんどいうかド直球のアニメですね。設定は奇妙奇天烈ですけどストーリーは奇を衒わない王道。子供がバケモノに拾われて成長してくお話ですね。笑って泣けるそんな感じ。子供向けではありますが。子を持つ父(!)としてやはりずーんと来るのは、17歳になっても子供には手助けが必要と育て親が子供のために立ち上がるシーンですね。

マイナス点としては子供が成長して気軽に現実世界とバケモノの世界を行き来できるのはどうなのか?ってとこか。イマドキの若者をターゲットにしてるからわかりやすくせねばと考えたのかも知れませんが、子供が現実世界に戻れると分かって図書館に行って本を読むって唐突すぎね?急に勉強してフツーになりたいとか、受験だなんだという話が出てくるのもえ?ってかんじ。しかもバケモノの親が子供が隠し持った参考書見つけて問いつめるとかね。ギャグなのかなんなのか。

あとはヒロインが出てくるのですが、大分賢いお子さんなんですよ。主人公のお子さんと同年代にしては、賢過ぎやしません?割と普通のご家庭に育ったにしてはねぇ。ちょっと理想的ヒロインすぎやしませんかね?


とまぁ、そんな疑問はありつつも、面白いアニメ映画でした。宮崎駿なくとも大丈夫。そんなことを感じました。
posted by chanco at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

【映画】ターミネーター ジェニシス


久しぶりに見た映画の感想でも。

「ターミネーター ジェニシス」

いつの間にやらターミネーターのシリーズ5作目。1と2を見てて、ストーリーに興味はないけどシュワちゃんが出てるってことで見ました。
1と2で印象深いのはストーリーよりも日曜洋画劇場の淀川長治さんの解説。T1はシュワちゃんが映画デビューして間もない頃の作品で演技が下手だったけど、その後のツインズという映画では名優と言われてた人と共演するためすごく勉強して演技が上手になった云々と言ってたっけ。

この作品の話に戻ると、いろいろと疑問は残るのですが、ジェニシス=新機動というタイトルから何となく分かるようにおそらく次回作あります。きっとそこで解き明かされるんだろうなという感じ。後は良くも悪くもT1とかT2の焼き直し。おっさんは懐かしい。とかそういえば珍しく映画館にはおっさんからおじぃさんの年代の観客が結構いました。きっと皆同じなんでしょう。

つまりはシュワちゃんも年取ったなぁーとかやや懐古趣味向けの作品かな。T1とT2見てないとあまり楽しくないだろうね。


んで、この際だから書きますが、そもそもターミネーターシリーズって、ストーリー上の疑問というより設定上の疑問があるのよね。未来の人類は機械に支配されつつあるという世界で人間狩りが行われている状態。食料どうしてんの?のんびり農耕とか牧畜とかできなさそうだし、工場で生産するにも機械に支配されてるからいろいろ不都合ありそうだし。電気、発電所なんかは?武器なんかもそう。銃や弾丸一つ作るのだって手作りではできないんじゃないの?そういった機械や設備はどうなってんの?

あと、今回でふと思ったのはタイムトラベルするときには電磁波だかなんだかが原因で裸じゃなきゃダメという説明があったのですが、じゃあロボットはどうなのよ?このシリーズ通してばんばんタイムトラベルするけど?


posted by chanco at 21:37| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

正面衝突しそうになった赤いJR

東京新聞(2015年5月24日 朝刊)より


JR長崎線 特急あわや衝突 運転士と指令 誤解重なる

JR長崎線の肥前竜王駅(佐賀県白石町)で、長崎発の上り特急「かもめ20号」が止まっていた待避線に、博多発の下り特急「かもめ19号」が進入し正面衝突しそうになったミスは、指令センター、運転士双方の誤解が重なって起きた。JR九州の説明からはシステムを過信していた側面も浮かぶ。発端となった異常音感知から約十分に何が起きたのか検証した。


いつもお世話になっている赤いJRがあわや正面衝突という事態(業界用語では事故の一歩手前という意味の「「インシデント」と呼びます)。

まず最初の感想→やらかしちまったなー。しかもTVでばっちり撮影されるという有様。それで終わりかと思いきや、TVで現場を抑えられたからかNHKの全国ニュースでも流されるというていたらく(?)。

運輸安全委員会(旧事故調査委員会)が出てくるのは当然ですけど、全国ニュースで流されると何かとお上からの締め付けがキツくなるであろうことは容易に想像がつきます。・・・元々、西の外れに位置するからか江戸の昔から何かと緩かったみたいで、今でもそんな名残があるような気がしているので(ちらほら聞こえる話はヨソの会社とはいえ書くことが憚られる。ホントかどうかわかんないしー)ちょうどいいのかも知れませんが。


真面目な話、今回の件でよく分からないのは、指令は異音で止まった列車の運転士に対してどういう指示を出したのかしら?ってこと。特急列車でなるべく止めないという方針があるのかも知れませんが、僕のいる会社だとこういう場合は信号手前で止まれという指示を出します。んで止まったのを確認してからポイントを切り替える。或いは列車を動かす前にポイントを切り替えるとかね。

ただ、記事では

JR九州は「指令も運転士も社内の規定には従っていた」と釈明する。

ともあるんでよく分かんない。運輸安全委員会の報告書待ちかなー。公開されるのは1年以上先になるでしょうが。

同じような仕事をする身としては気になるトコロであります。

posted by chanco at 22:42| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

司令生活3年目突入


なんと驚いたこと(!?)についに司令生活3年目であります。

司令へ来た当初、事務部門の長からは早めに迎えに行くぜ!みたいなことを言われ、そうですかと曖昧な笑顔でやり過ごしてて気付けば3年目。3年目ではありますが、年寄りがいなくなった結果、若手のリーダー扱い。なかなかの中堅ポジションであります。

早い早い。

司令に慣れるまでは、あるいは慣れてからも待ち時間の長いこの部署、やってらんねーと思ってましたが、子供も生まれ、プライベートを大切にしよーと心に決め、いまさら毎日仕事の事務部門には戻れません。平日休みの仕事ばんざーい!持ち帰りの仕事のない生活ばんざーい!であります。


そんなこんな抱えつつも3年目の仕事を無事に全うする所存であります。
posted by chanco at 12:37| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

【映画】ライフイズビューティフル


映画を見て珍しい体験をしました。見た映画はライフイズビューティフル。

イタリア映画でもう20年ばかり昔の映画。初めは気づかなかったんですけど、途中からおや?と思い始め、気づけば学生の頃に見たことある映画でした。

何が珍しいってその頃に抱いた感想と最近見た感想、全く違うのね。


思いっきりネタばれしちゃうんで以下注意。


あらすじ紹介すると、僕たちが一般的に思い浮かべる陽気なラテン系。それが主人公。こいつがどこからか都会へ引っ越してきてそこで巻き起こすドタバタ劇。まー典型的なコメディです。持ってた卵を手近な帽子に入れたら相手がその帽子をかぶって卵が割れるとかね。レストランで先客が手をつけなかった料理を次のお客さんに出したりとかね。次のお客さんに残ってる料理をうまく選ばせるところなんか口のうまいラテン系の本領発揮!てなもん。さらには、どうにもいけすかない役人から婚約者を奪って家庭を築くというところまで微苦笑の連続です。この辺りまでは若かりし頃の僕も今の僕もベタベタやねーなんて思ってたわけです。


そこから時代が急に5年ほど下りまして主人公はユダヤ人ということでおおっぴらに嫌がらせを受ける時勢になってます。そう、最初に出てくるんですけど、イタリアが王国の時代。そしてユダヤ人迫害といえば第二次大戦中なのです。

で、主人公と4〜5歳の息子、叔父、主人公の妻まで収容所へ連れてかれます。この辺りから雰囲気が急に変わってあれ?あれ?コメディどこ行ったん?みたいな気配。ここに至って今の僕はコイツはもしかして?と思い始め、連れてかれた収容所で、主人公が息子のためにここはゲームをするところで1000点貯めたら戦車に乗って帰れるよ、なーんて説明するに至り確信。見覚えあるぞと。

この説明のシーン、連れてこられたユダヤ人一同に対して行っているドイツ兵の説明を主人公が皆に説明する体でゲームだなんだ言うもんですから、ほかのユダヤ人からすればへ?なわけです。若かりし頃の僕はそりゃやりすぎでねぇのであります。ところが今の子持ちの僕だとこれだけでちょっとうるっとは来ないけど、何も言えなくなるのでした。


最後の晩、収容所が騒がしくてどうやら戦争に負けたドイツ軍が避難し始めてついでにユダヤ人たちもどこかへ移送したり始末したりしている様子。そこで主人公は妻と息子、家族みんなで帰るために息子とともに(もちろん息子にはゲームとしか告げない)妻を探しに出ます。息子はゴミ箱か何かの中にうまく身を隠させるのですが、主人公は妻を探すうちにドイツ軍に捕まってしまい、息子の眼前を通り過ぎることに。主人公はあくまでもゲームと思わせるために息子の眼前ではふざけて行進するも、そのまま物陰へ→銃声→ドイツ兵一人、戻ってくる。

これもねぇ、若僕からすると、コメディタッチで来てここで主人公死なせるぅ?最後まで生き残ってたユダヤ人いっぱいいんのにストーリーあざと過ぎじゃね?ところが今僕からするとそれ以前のふざけて行進するシーンから涙、涙。


ラスト、夜が明けて静かになって息子が隠れ場所から出てくると誰もいない。そこに戦車。メリケン人が出てきて坊や一人かい?乗りなよ。主人公の吐いた嘘がホントになった瞬間であります。若僕はなんだこのお涙ちょうだいは!今僕は号泣です。


いやー子を持つ身になると映画一本でも感想がだいぶん変わるもんだ。なんだか若僕がほほえましく、はずかしく、今僕は号泣しながら感情が大混乱でありました。


ちなみに本作品一番(?)の謎シーン、収容所生活のある日、身体検査の際にイタリアで給仕してたときになぞなぞで仲良くなってた軍医と再会してドイツ高官の夕食会に参加させてもらうことになり、軍医に脱出の相談を持ちかけようとするけど、軍医は同僚から出されたなぞなぞの答えを教えてと言うばかりというのがありまして、軍医は人の運命よりもなぞなぞ大好きな非人間的な人ですよというシーンなのかなぁ?と思いつつもよくわからんのでググッてみたら、なぞなぞはユダヤ人を暗喩してて自分にはどうすることもできないと嘆いているシーンであるとの解釈がありました。勉強になりました。


posted by chanco at 15:26| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。