2015年03月06日

家具屋の親子ゲンカ


大手家具屋の親子ゲンカが話題になってますけど、どっちに味方するかなーと考えてみたけど、結論はどっちも選ばない。

さすが、ザ、アウトロウ!てなもんですけど、理由めいたもんを説明すると、父ちゃんのやり方はオールドスタイル。時代遅れ感が否めない。高級路線とは言え、店に入ったら店員がずっとついてくる接客なんて鬱陶しく感じるだろうし、住所氏名を把握されるのは個人情報にうるさいご時世にいかがなもんか。娘のやり方は?というと高級路線やめるっつっても同じ商売の方法ではニトリとかイケアの値段には勝てないだろうと思うし。となるとどちらも選ばないかなー。

じゃあどんな商売の仕方がある?と聞かれると困るのだけれど、皆の興味を惹きそうなもんは?というところから考えると、店員に収納アドバイザーだか片づけ名人だかの資格を与えて(ナニ、勝手に名乗ればよろしい)洗面だの台所だのリビングだの日本の狭い家に合った収納方法を教えつつ家具を売るみたいな感じかね?これで一部上場企業が支えられる儲けが出るかどうかは分かりませんが。


そもそも同じソファーでも十数万の物から数千円の物まであるし、じゃあ違いは?と聞かれて即答できる人って一般になかなかいないもんね。商売しにくい業界だろうなー。父ちゃん、イケイケの頃にうまくファッションブランド化してりゃよかったのにねって思ったりもします。あの家具屋のだから高いんだと言われても僕みたいに初めてその家具屋の存在を知った人たくさんいるもんね。

とまあ、他人様のケンカほど面白いもんはありません。どっちもがんばれー。


それにしても、この件に限らず二者択一する際にあえてどちらも選ぼうとしないという生き方で来たのが僕であります。
posted by chanco at 15:23| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

リフレッシュ工事?が始まった


日本の片隅の極小鉄道会社でなかなかに厳しい経営状況でしょっちゅう資金繰りがーなどと騒いでる会社ですけど、だからこそ!と首脳陣が考えたのか分かりませんが、駅設備のリフレッシュ工事が始まりました。どうも株主である県市町村の方ばかり向いていたのがようやくお客さんの方を向くようになったのか!と思っていたらその中身を聞いてびっくり。

リフレッシュ工事というのは一般的に老朽化した設備を更新する工事を指すと思うんですけど、更新によって機能が改善される訳ではなし。階段にエスカレーターが設置されるとかじゃなくてそのまま階段。動線を考えて移設とかでもなくただただ同じものを同じ場所に作るだけ。汲み取り式トイレが一般的な水洗トイレになるでもなく。もちろんウォシュレット、シャワートイレが付くですらない。

それ工事する意味あるの?例によって小雀たちがざわつくばかり。

事情通によるとどうやら株主への首脳陣の涙ぐましい(?)アプローチの結果、補助金が下りることになったらしく、それを使用する工事になるが、エスカレーターとかシャワートイレの設置では補助金を使用するのに説得力がないという判断であるらしい。

たしかに法令以外に施設整備のバリアフリーのガイドラインってのがありまして、その中にはエスカレーターやシャワートイレの設置って入ってなかった。車椅子に乗ってる人使えるようにエレベーターを設置しなさい。シャワートイレよりもオストメイト対応トイレを作りなさい。そんな内容で、ガイドライン自体に法的な拘束力はないけど、このガイドラインに沿って施設整備してれば障害者から文句言われても大丈夫っていう錦の御旗とでも言うのかな?そーゆーもん。


それならそれで全駅でガイドラインに沿った施設整備を行います、なら分かるんだけど利用客が少ない駅は費用対効果が…という理由なのか、放置。

なんだかなーであります。ガタガタ言うな!エスカレーターやシャワートイレは現代人には必須なんだよ!とか言い切っちゃえばいいのに。いまどき地方民のオアシスであるショッピングモールじゃ当たり前にあるし、お客さんからは何でないの?という苦情が寄せられるのに。

こうやって主体的に判断できない人が上の方にわんさかいるというのが三セクの致命的なところであります。
posted by chanco at 23:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

品質管理の基準がない


新しい炊飯器を探してるんですけど、困った困った。何か新しい物を買う場合、普段ならネットで調べて買うわけですが、今回はその手法が使えない。というか使っても分からない。

いやほら、炊飯器とか冷蔵庫とかもそうですけど、調理家電って簡単に買い替えるもんじゃないでしょ?大半の人がうちみたいに10年近く使って買い替えとかだろーし、複数台買って使い分ける人は極々まれでしょう。10年前の商品と比べたら大抵の商品はよくなってるでしょ?

さらに言うと商品の特徴がデジタル的に分からない。エアコンなら省エネ性能(電気代)というデジタルな目安がありますが、炊飯器で省エネって言われてもピンとこないし、美味しいご飯が炊けますと言われても”美味しい”って誰の感覚よ?って話になっちゃう。

つまりはいつも頼りにしてるネットの口コミ情報が全くもってあてにならない。こいつは困りましたな。でも商品開発してる方はもっと大変だろうな。


色々と考えてると鉄道も似たようなところがあるなと思い至った。鉄道の商品といえば表面的には各種の切符なんですけど、本質的には列車の運行そのもの。列車運行が正常=時刻表の通りに列車が来るって状態がお客さんにとってベスト!なんですけど各種事情により一つの列車が遅延し全体として列車運行が乱れるってのが常。そうなった場合に、どのように列車運行を正常化するのか?ってのが鉄道会社の品質管理能力なんでしょうけど、そこに至るまでの尺度が曖昧なんだよね。

簡単な運転整理、列車運行の正常化として一つの列車が遅延した場合に終端まで行かず途中駅で折り返すことで遅延の波及を減らすという手法があるのですが、折り返し駅から終端駅までの各駅で待ってたお客さんにとってはどうよ?という問題が常につきまといます。

この辺りを評価する物差しが確立されておりません。鉄道総研とか大手鉄道会社で旅客流動を踏まえて研究されてるみたいですが決定打はありません。複雑な計算式が提示されて結論は結局、線路の形状、その路線のお客さんの特性次第みたいな結論。なんだかなぁ。
posted by chanco at 15:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

電化製品が壊れた


この年末から年初にかけてPCが壊れました。起動に時間がかかるのが当たり前の時代からPCを使っている人の常として(?)常時起動しっぱなしで必要な時だけ再起動するという使い方をしてたんですが、年末の大掃除とばかりに再起動したら起動できず。買ってからまったくもって触ってないCDを押入れから発掘してリカバリしたらどうにかこうにか動くようになったんですが、案の定データが消えるという事態。さらにいうと何をするにしても明らかに動作が遅い。結局そのままです。

サブで持ってたノートPCがあったのでそれをメインにすることにしました。なんでもwindows10とかいうなかなかイケてるやつがそのうち出るらしいんでそれ待ちかなーということで当面の間は。


PCまわりを整備してふぅと一息ついたら今度は炊飯器。液晶画面に「E82」と表示されてうんともすんとも言いません。PCなんざ趣味的な道具ですから実はどーでもいいんですけど、お米の国の人ですから炊飯器はほぼ毎日使う。壊れちゃったら困るのよ。幸いにしてコンセントを抜き差ししてしばらく放置したら勝手に治りましたが、こんなに不安定ではやっぱり困るのよ。

こんなときはメーカーにお問い合わせ!と電話番号を探してて気づきました。うちの炊飯器、10年近く昔に購入したサンヨー製。

ちょいとばかり自慢になりますが(?)通販生活という雑誌で紹介されていた「銅のかまど味 ECJ-CH10」。炊飯時にシュゴーという轟音が鳴り響くので台所と寝室が隣接している我が家では朝タイマー炊飯すると叩き起こされるという欠点はありますが、それ以外は問題なし。水加減とかテキトーでも美味しいコメはもっと美味しく、マズいコメ・古いコメでも美味しく炊ける。何よりスゴイと思ったのがご飯が冷めても美味しいってこと。あったかいご飯が美味しく感じるのは当たり前だけど冷やご飯をそのまま食べて美味しいというかチンしてよねーと思わなくなったのはこの炊飯器にしてから。友人知人からもchanco家のごはんは美味いと認められております。

そんな名機に慣れてますから壊れちゃうと困るんです。新しもの好きとしては買い替えを考えつつも、下手な炊飯器に変えると毎日のお食事が苦痛。どうしもんかと思いつつ、後継機種を探すことにしました。
続きを読む
posted by chanco at 17:19| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

【本】東京総合指令室


同じギョーカイ人としてこの本に触れずばなるまい。東京総合指令室。川辺謙一という人が書いたJR東の指令室の解説本。

指令室とか司令所とか呼ばれるところはドコの会社も心臓部というか頭脳だからか、それとも単に地味だからか、とにかくまあ鉄道本がいろいろ出版されてますけど、司令所が取り上げられることってなかなかありません。その意味でも大変稀少な本。

なんたって日本一の鉄道会社の司令所ですから必然的に世界一の司令所といっても過言ではあるまいよ。
そんなところの紹介本ですから。その意味でも大変稀少な本。


んで実はココ、最近行ったばかりだったりします。例によって偉い人の付き添い。どうしてそうなったのかよく分かりませんが勉強させてもらいました。偉い人は偉い人なので凡人には計り知れないコネがあるようです。

だもんで本を読みながらあーそーだったそーだったと追体験。とにかく規模が違いすぎて勉強させてもらいましたと書いたけど業務の参考にしようがないレベルでした。指令員の人数からして桁違いだったし、指令室のある建物からして耐火壁&免震構造化されてたり、セキュリティにしても案内してくれた人が「はぐれたら出ることもできなくなりますよ」なんて笑ってたぐらいで、まー違いすぎ。


あっと本の感想だった。

規模が規模だから仕方ないのかもしれませんが、JR東は何かあるとすぐに止めるような印象があったのですが、本を読むと最近は運転整理を工夫してなるべく運転するように努力してるみたい。意外です。お客様目線の発想が浸透しつつあるだって。東日本大震災のときにとっとと駅閉めて利用者どころか東京都知事から猛批判を受けたのはどこの会社かしら?つい最近も東京駅SUICAで雑な販売方法で暴動になりかけてたのはどこの会社かしら?なんてことは言いますまいよ。


あと、指令員の平均年齢が30代前半ってのにちょっとびっくり。JR発足の際に採用人員を絞った影響だそうですけど、さすがにどうなんでしょ?って思っちゃいます。いや、基本的に若い世代の方が優秀だと思ってるんでワカモノ頑張れ!派ですけど、これで指令員は現場経験があると言われても何年あるよ?と言いたくもなります。ま、司令業務ってのは運行管理をはじめ、高度にシステム化されてるから若い人の方が相性がいいし、肉体も頭脳も健康でムリがきくからなのかな?


とはいえ、業界最高峰であることは間違いのないところの特集ですから読まずにはいられまいよ。
posted by chanco at 20:18| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神対応!


我が子のクリスマスプレゼントとしてミミクリーペットなる玩具を祖父母よりもらいました。これはハムスターのぬいぐるみ中に電子部品が入ってまして、話しかけた声をそのままオウム返しにするという単純ながらなかなか面白いおもちゃで、楽しく遊んでましたところ、すぐに止まってしまいました。落下させたり衝撃を与えた訳でなく、何の前触れもなく。

???と思いながら電池交換しても変わらず。しばらく格闘しましたがどうしようもなく、メーカーに電話したら!パッケージのバーコードを聞いて何やら確認しまして、すぐに新しいのを送ります、今あるやつは年末で忙しいでしょうからそのままで結構です、だって。

うぉ!神対応。感謝感激であります。

やるな、タカラトミー。
posted by chanco at 18:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

司令の仕事は品質管理


司令に配属されてぼちぼち分かってきたのですが、どうやら司令のお仕事は生産工場でいうところの品質管理みたいなもんであるらしい。

つまり、鉄道業の商品である列車ダイヤを的確にお客さんに提供する。事故やら異常気象やらで列車ダイヤが乱れた場合に代わりの列車を手配してなるばくお客さんに不便をかけないようにする。

そーゆー仕事。

とはいえ、言うは易く行うは難し。代わりの列車を手配するにも車両や乗務員の手配がつかなかったり、時間がかかったり。まるでその日の気温や湿度によって原料の配合割合を変える必要がある繊細な加工品を作っているようなもん。

経験が必要とされるのもむべなるかな。奥が深い仕事であります。
posted by chanco at 23:05| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

フライトレーダーから考える航空業界と鉄道業界の違い


ネットサーフィンしていて発見したのがフライトレーダーというサイト。


どうやら飛んでる飛行機の現在地がリアルタイムで分かるらしい。
これってすっげー便利じゃない?大雪とか濃霧とか台風とかさ悪天候時にかなりお役立ちじゃん。毎日使うかと言われるとそれはちょっと・・・となりますが、異常時には便利。

それにしても、と思いを馳せるのは航空業界と鉄道業界の違いです。

日本どころか世界各国の航空会社の壁を越えてリアルタイムで飛行機の現在地が分かるってことは、数多ある飛行機がおそらく万国共通の電波というかGPS信号を出してるってことでしょ?鉄道にそういうのないもんね。せいぜいHPに事故で止まってますとか正常運行中ですとかね、そのレベル。

あとは地図上に現在地っぽいものを表示するサイトとして鉄道NOWとかありますが、あれは厳密にはリアルタイムの位置ではありません。各社が公開している時刻表データから現在地を推定して表示させているだけ。事故があった場合には残念ながらあてにならない。

鉄道NOWみたいなサイトやらアプリを作ってくれる人はスゴくありがたいんですけど、航空業界みたいに鉄道車両に各社共通のGPSを積んで公開してはれば利用者としてはより信頼度が高い便利なサイトができるだろーに。


二つの業界の違いとして航空業界はグローバル化=世界標準化が進んでて、それに対して鉄道業界、特に日本のは親方日の丸に長らく守られてきて新しい発想が出てきづらいってのがあるのかなあ。

とはいえ、これからは鉄道もグローバル化が進んでく傾向がありますから、今後に期待!なんでしょね。


そういえばふと思ったんですけど、航空機の現在地が分かるはずなのに今年の3月に起こったマレーシア航空370便みたいなことがなぜに起こるんでしょね?
posted by chanco at 10:55| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

鉄道総研へ行った


東京の国立(クニタチであってコクリツではない)にある鉄道総合技術研究所へ行きました。何の気まぐれか上司の上司の上司、即ち偉い人の付き添いでした。

いやー広かった。敷地が東京ドーム○個分(忘れた)。広くなると単位がそうなるのかと感心。リニアモーターカーの初期型が飾られてたり、最近話題の超伝導ケーブルの実験設備やら実験用の駅設備やら。昔は最寄駅と線路でつながってたという話に至っては、規模の大きさにぽかーん。

研究所だから白衣の人ばかりかと思えば作業着の人もイッパイいまして、機械がでかいので実作業するのは関連会社の作業着軍団ってこともままあるそうな。また、この業界だからおっさんばっかかと思いきや、以外に女性の姿もあり、人間工学的な分野で女性の研究者が活躍しているとか。

一言で言うと、若い人はあまり見掛けませんでしたが、工業系の大学みたい。


ちょっとどころではなく、良いなーと思いました。隣の芝生は青いと言いますが、日々充実してそう。あわよくばこんな職場で働いてみたいもんだ。

何となくもっと頑張って働かなくちゃねと思いました。どうやらそれが狙いか>偉い人。
posted by chanco at 02:14| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

山賊のむすめ ローニャ


何と珍しいことでしょうか、アニメの感想。

NHKのBSで「山賊のむすめ ローニャ」というのをやってます。これ、作ってる人?があの有名な宮崎駿の息子の吾朗さん。

まだ3回目までしか放映してないんですけど(初回拡大版だったので実質は2回放映)、絵がキレーです。人の顔に映る陰影までしっかり描かれてる。普段、「あらいぐまラスカル」とか「赤毛のアン」とか「アンパンマン」辺りの十数年前?数十年前?のアニメを見ててよく分かりませんが、最近のアニメでは当たり前なのかな?

ストーリーは自然豊かな山林に住む山賊たちに娘が生まれて、その娘が山賊たちに愛されながらあれやこれや体験して成長するという話。だと思う。


ネットでは物語の進み具合が遅いとか評判が良くないようですけど、リア幼?のうちの子はハマってます。赤ちゃんがはいはいしたり、成長した娘が自然の中を飛んだり跳ねたりするだけで自分と一緒ーなんつって嬉しそう。あるいは鳥女とか灰色こびとなる人外の生き物が出てくるシーンではコワイーと騒いだりね。どうやらゴローさんは大きなお友達ではなくガチ幼児を見せる対象としてるご様子。


ただ一つ気になるのが人物の動き方。立体的に見えるようにしているからか、旧来のアニメに見慣れているからか、一つ一つの動作に違和感。そのうち慣れるんだろうけど不思議な感じです。
続きを読む
posted by chanco at 05:25| ホノルル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。