2014年06月09日

【本】年金詐欺


たまには本の感想を。「年金詐欺」 永森 秀和

2012年に世を騒がせたAIJ事件について、最初に疑問を呈した雑誌社の編集長が書いた本。ノンフィクションです。

一方的にAIJを糾弾するようなことはなく、バランスが取れた書き方になってます。その意味では読みやすいんですけど、いかんせん時系列があっちいったりこっちいったりするんで読みづらい。テーマ自体も厚生年金という複雑怪奇な代物でとっつきにくいんだからもうちょっとどうにかならんかったのかしら?と思わないでもない。

と苦言を呈しましたが、面白いです。時系列をごちゃごちゃにしたのが筆者の混乱というか疑問を表して手かえって面白みを醸し出してるようでとっつきにくいテーマでも最後まで興味を持って読めました。


読んだ中での理解をまとめると、AIJ事件ってのは実は元よりイビツなシステムだった厚生年金基金というシステムが不景気になってそれが露呈して皆が右顧左眄してたときに、ウチに任せればどうにかしまっせーとばかりにお金を集めたのがAIJ証券であり、その社長の浅川某。

悪いのはAIJ証券だけでなくて、イビツなシステムを放置してきた官僚であり、お金を預けた側であり、そもそも年金自体に現実感がない(もらえるのは定年後だもんね)とも言いたいように読めるんですけど、そーゆーことを言い出すとキリがないというかどうしようもないよねとも思う。一番に責められるべきは誇大広告でダマしたAIJ証券ですよねー。

で、この社長さんが裁判で負けて刑務所に収監されるまでの間に行ったらしきインタビューがあるのですけど、ご本人に他人様をダマして集めた数千億円をなくしたのに反省の色がない様子。俺は刑務所入るからいいけど部下の再就職先どうしようなんて心配してたみたいですから。まともな神経してたらダマされた側を慮るべきしょう。これは、、、、サイコパスってやつだな。

社長さんがマトモだったころは敏腕営業マンだったらしいけど、天才と犯罪者ってのは紙一重なんだなーと感心しきり。


あと別な意味で面白かったのが臆病なまでに命の危険を感じていたこと。AIJ証券が危ないと記事に書いて以降は部下にホームは真ん中を歩けと言ったり、端から見ると映画見過ぎちゃいまっか?という感じなんですけど、年金って人死にが出るくらいに闇が深いんですかね?
posted by chanco at 09:27| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

業界人必見の動画


いつかこういうことが起こるんだろうなと誰もが考えていたことが遂に。

運転室のすぐ後ろでカメラ回してるお客さんってほんとによく見ます。以前はたまーに大都会に出たときだけで都会にはスキモノがおるのぅと思ってましたが、最近ではちょっと長めの休みに入ると地方の極小路線でも。

ビデオ機材が廉価で高性能になったとか鉄道趣味が一般化したとか極小路線だからいつ廃線になるか分からないとかいろんな理由があるんでしょうけど、被写体ではないんだろうけど、映るかもしれない側は気になります。

それはともかく、そんなご時世ですから今日もいたよ〜あれで撮影してるときに人身事故があったらどうすんだろねなんて中の人の間ではちょこちょこ話題になったりもしたのですが、ついにyoutubeにアップされました。

京浜急行さんで横浜駅にて男性が飛び込みする動画。血飛沫とかはないのですけど、前面ガラスにヒビ。最近の動画だけあって画質がなかなかにクリアーでした。

正直な感想を言うと、これからこういった場面に遭遇する可能性のある新人に心構えさせるにはよい動画。あってはならないことだけど、現実にある以上、それに対応する訓練って必ず必要ですから。


それにしても恐らく、運転士目線で人身事故に遭遇する動画ってこれが初めてではないだろうか。

ちなみに動画が気になる方はグーグル先生に聞いてみてください。
posted by chanco at 12:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

遅ればせながらおめでとう


書こうか書くまいか迷ったけど書いておきます。大した話ではない。

赤いJRの社長さんに青い人が決まったそうでおめでとうございます。

どういう訳か一度ならず二度三度とお目通りが叶っておりまして、今後ともお付き合いがあるやもしれません。

ニコニコと柔和な笑顔が印象と残っていますですが、伝え聞くに苛烈な前社長のお眼鏡にかかったとのこと。

穏健の中に凄味を隠し持たれているのでしょう。

片隅よりご健勝と社業の発展を祈念いたしております。


posted by chanco at 14:45| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

地元ではない地元に帰ってた


どういうわけかGWに人並みに休むことできたので連休を利用して生国に帰っておりました。

とはいえ幼少のみぎりに越して年1回訪れる程度の土地。

特に感慨もない土地ですのでそんなトコに行くことはついぞなかったわけですけど、家庭を持つとそういうことになるのです。我ながらびっくり。

田舎なんですよ。大変に。周りは山か田畑。隣家までkmの距離ですよ。ちょっと盛ってますけど。正直、こんなとこで暮らしてる人と分かり合えるのはムリだなと思いました。

いやほら、よく日本の辺境にある鉄道会社に勤めてるなんて田舎アッピールしてますけど、隣家はすぐそこですからね?もっと言うと、生国、鉄道すらないもんね。

ムリっす。

生活環境の壁は高い。


・・・トイレ行くのに別棟案内されました。ウォシュレットなんて夢のまた夢の和式便所でありました。しかもぼっとん。

生活環境の壁は生活習慣の壁に連なる高い高い壁なのです。
posted by chanco at 13:41| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

通達来ない


何事も中央から末端まで情報が伝達されるのは時間がかかるものですが、日本の片隅にある零細鉄道事業者たる僕の会社も然り。

実はこの4月から事業者にとって割と重要な法令が改正されています。


平成26年3月28日付 官報号外 第68号

国土交通省令第35号 鉄道事故等報告規則及び運輸安全委員会設置法施行規則の一部を改正する省令

(鉄道事故等報告規則の一部改正)
第一条
鉄道事故等報告規則(昭和六十二年運輸省令第八号)の一部を次のように改正する。
第五条第一項中「第四号」を「第五号」に改め、第五号を第六号とし、第四号を第五号とし、第三号を第四号とし、第二号の次に次の一号を加える。

踏切遮断機が設置されていない踏切道において発生したものであって、死亡者を生じたもの
(運輸安全委員会設置法施行規則の一部改正)
第二条
運輸安全委員会設置法施行規則(平成十三年国土交通省令第百二十四号)の一部を次のように改正する。
第一条第一号中「掲げる事故」の下に「(同項第二号に掲げる事故にあっては、作業中の除雪車に係るものを除く。)」を加え、同条第二号ロ中「もの」の下に「(死亡者を生じたものに限る。)」を加え、同号中ハをニとし、ロの次に次のように加える。

踏切遮断機が設置されていない踏切道において発生したものであって、死亡者を生じたもの
第一条第三号中「第三条第一項第四号から第七号」を「第三条第一項第二号及び第四号から第七
号」に改める。
附則
この省令は、平成二十六年四月一日から施行し、第一条の規定による改正後の鉄道事故等報告規則の規定は、同日以後に発生した同令第一条に規定する事故に関する報告について適用する。


コレは何かと言うと、鉄道で事故があった場合には報告しなさいという法令(それが鉄道事故等報告規則)があって、それを改正します。改正内容として遮断機のない小さな踏切で死傷事故があった場合は報告しなさい、というもの。

もちろんお上に従順な鉄道会社としてはこれまでも死傷事故があれば口頭で報告はしてたわけですが、これが文書で報告しなさい、になったということ。これがタイヘンなのです。お役所に提出するわけですから。そこまで資料出すのか!?というおじぃちゃんをなだめすかして持って行くとこれじゃわからん、もっとくれ。そんなやりとりの間に挟まれるわけです。


ちょっと話が逸れたんで戻しますけど、この法令改正のお知らせがお上から来ない。あれだけ通達好きな鉄道業界なのに来ない。お役人様からこんな話があるんですよなんつって口頭で聞きはしたけど紙が来ない。あっれぇ?と思いながら官報見てて発見。うっそーと思って国土交通省のHPチェックするけど法令改正のお知らせがない。

思いあまって(?)お役人様に問い合わせると、改正されましたよとのあっさりしたお答え。

・・・。

・・・これってどうよ?官報に載せてるから庶民は知っておるはずじゃということなんだろうかしら?だったらHPにも掲載するとかお得意の通達出すとかしてくんないかな?どんな小さな内容の改正であれ事業者はそれに振り回されるのよ。


ちなみに常々思っているのですが、国土交通省の中でも鉄道局は航空局に比べるとどうも情報発信に劣っているような。航空局は外国の航空会社も相手にするからだろうか?
posted by chanco at 04:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

掃除係の本領発揮


ちょろっと書いたけど今年はお掃除係。というわけであちらこちらのお片付けに邁進するのであります。

僕の居る司令という部署は司令と言っても鉄道現業、現場仕事ですのでいろんな帳票があるわけでして、それぞれの帳票ごとにに保存期間が決められています。

で、保存期間が終わった帳票はどうするの?破棄するの?持って帰るの?

鉄道に限らずのよその会社さんはどうしてんだろ?って割と本気で気になってるんですけど、僕の会社ではどうもどこの部署もあまり破棄したがらない。段ボールに詰めて倉庫の奥深くに封印。その繰り返し。

こんなんでよくもまあ社屋が手狭だなんて言えるもんだぜと不思議になるくらい、保存期間切れの書類で一杯。

なんなんでしょ?だったら保存期間延ばせばいいんじゃないの?って思うんですけど、それはまた違うらしい。

で、納得いかない僕はやっちゃいます。倉庫に眠る保存期間が切れた書類どもをポイポイ捨てちゃいます。ワインんじゃないんだから熟成させてもなんもいいこともんね。カビや虫が喜ぶぐらいだぜ。

中身をちろっと見てみたら、十年以上昔の雨量計やら風速計やらの紙データなんざ誰が顧みる?さすがにそんな暇人はいないぜとか、あらあらこの時代はお上からの通達も手書きだったんだねーとか、のちのち資料的な価値が出てくるのかもしれぬとか、マニアからすると宝の山っ!?とかいろいろ感慨深いものがこみ上げてきたりもします。でも、やっぱりポイ。


そんなこんなで大掃除。だって片付けられない女はダメとかよく言うじゃない?僕は男だけど。

posted by chanco at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

消費税増税の裏側

運賃改定

コレのつづき。というか書き漏らし。

鉄道の運賃は上限認可制。上限額を決めてお上に申請してOKもらえばその範囲内で自由に決められる仕組み。

・・・法制度上はそうですが、実態はそうではなく、運賃を安くするにも事前にお上に上奏する必要があります。事前に相談しないと別に何をされるという訳ではありませんがお役人さんからは文句を言われます。この辺り、実に日本的ですなーと思います。

さらりと書きますが、実は僕の会社でもかなり昔に、どういう訳か(?)、運賃を変えるという話がお役人さんより先にマスコミに流れてしまって、そんときにお役人さんからは、やはり鉄道たるもの、自社の都合のみ考えてはいかんとか勝手な運賃で収支が悪化すると地域の交通網に打撃を与えるだのなんだの色んなことを言われたんですけど、思うにお役人さんのトコロに各方面から(推測するに上司とか親玉たる国土交通省本省とか地元の議員さん)問い合わせが来て、その対応がタイヘンであるように見えます。

さらりとした話はおわりまして、どこの会社もそうだろうけど、基本的には上限一杯の金額で運賃を設定していたので、今回の消費税増税により運賃値上げするためには事前にお上の許可をもらわないといけない。

それがタイヘン。

最終的には増収が増税分の3%内で納めるということで決着したのですが、運賃変更すると券売機やら改札機やらのシステム変更料金ってものがかかるわけです。その分は自社の持ち出し。

企業努力と言われましても、鉄道の運賃ってのは書いたとおり、そんなにコロコロ変えられるもんじゃないし、ちょっと数字を打ち変えて済むようなそーゆー設定のシステムにはなっとらんのです。ちゃんと業者さん呼んできて機器が正常に動作するかテストして、みたいなね。今日の目玉商品です!なんつって毎日値段が変えられるスーパーのPOSみたいなシステムにはなっとらんですよ。

その分のマイナスって結構おっきい(宝くじの一等賞金ぐらい)んだけどね。・・・はっ!?それを加味して自販機のジュースとかぽんぽん値上がりして今や130円なのか。

posted by chanco at 10:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

職場なのに係がある


どうやらなかなかに珍しい制度なのかな?と最近思い始めたのですが、僕の会社には職場なのに学校のようおに「係」なるものがありまして、各自が色んな係を担当してて、今年の僕の担当はお掃除係。

といっても日々の清掃業者は当然おりまして、お掃除係の仕事は帳票類や掲示物の整理などなど。そんなもん各自でやればいいじゃないのって話なんですけど、そこは交替制の男所帯だからかほっとくとやらない人はやらない、やる人はやるというありがちな状態に落ち着いてしまうのであえての制度化らしい。

他には規則類を日々更新する規則係とか分かりやすいところでは訓練を計画したりする訓練係とか。そんな係がイッパイあります。

なんというか一般的には役職に応じた業務分担になるんじゃないの?という話でもあるんですけど、どうも僕が入社する以前からこのスタイルらしい。役職が多少違ってても乗務員の元締めやら列車への指示出しなどなど、やることは同じだからなーと思いつつも、よく考えると出世しても仕事が増えるとかではなく、出世の有無に関係なく仕事量は一定って・・・どうよ?どうも根っこに昇給やら昇任やらその辺りが不透明な三セク現業だからでは?とそんな気がする。なんだかなーであります。

posted by chanco at 15:13| ホノルル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

コボちゃん騒動


割と沈痛な思いで見ているのがSTAP細胞を巡るあれこれ。

今となっちゃ全く関係のない業界でメシ食ってますけど、人生の一時期はあの業界でメシ食ってまして、その頃のことはほろ苦くも懐かしき青春(?)の1ページと申しましょうか、与謝蕪村だか小林一茶だかの俳句を思い出す。

TVで取り上げられると話題性ってやつでしょうか、論文がねつ造だのコピペだのという切り口の報道になっちゃうんでしょうけど、僕のようにあの業界にいない世の大多数の人にとってはそんなのはどうでもいい。お手軽に作れるSTAP細胞ってのはホントなのかどーなのかってこと。

渦中の人、研究所の人、マスコミの人、四の五の言う前に作って見せなさいよって思います。マスコミはどっかの研究者にお金払って期限切って製作依頼するとかね。

とりあえず、あの業界の”狭さ”とか”凄さ”とかイロイロ考えてしまって夢やぶれた身としては切なくなるであります。
posted by chanco at 17:01| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

運賃改定


どこの会社でもそうでしょうけど消費税増税による運賃改定が無事に終わりました。

無事にといっても券売機で切符買って自動改札機通してエラーなしといういわば初歩の初歩。第一段階。

自社の運賃については担当部署できちんと計算してお役人さんにも説明して理解したもらった上で業者さんに機械のシステム変更をやってもらってるんで、誤りはほぼありません。実作業は業者さんがやるんで当然と言えば当然。

とはいえ自社の運賃が決まるまで大変だった模様。お役人さんからはお金をもらい過ぎるなと強く指導されているのでA区間では値上げだけどB区間はあえて据え置きとかね。トータルで増える利益が増税分に収まるようにあれやこれや複雑な計算をさせられたとか。次に10%になるときがまた恐ろしいと担当者が申しておりました。


便乗値上げはダメだろうなとは思うものの複雑な計算した挙げ句、運賃据え置き区間を作るくらいなら平等に全区間値上げした方がいいんじゃなかろうかと思ったりもします。いつもA区間使うお客さんからしたらB区間使うお客さんだけオトクでけしからん!不公平じゃ!ってことにはならないのかしら?


・・・そもそも便乗値上げ云々言うなら自販機どうよ?って話よね。消費税導入前は100円の物が消費税8%で130円ってどうよ?
posted by chanco at 23:10| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。